2018年11月17日

HX90の追加レストア依頼 11

製作に出していたワイヤーが戻ってきたので作業を再開します。
ほぼ見本通り忠実に仕上がっています。
スピード&タコメーターワイヤー。
DSCF9293.JPG
DSCF9295.JPG
スロットルワイヤー。
DSCF9296.JPG
DSCF9297.JPG
ブレーキ&クラッチワイヤー。
DSCF9298.JPG
DSCF9299.JPG
まずはスロットル&タコメーターワイヤーから組み付けます。
DSCF9301.JPG
DSCF9302.JPG
次はクラッチワイヤー・・・
DSCF9303.JPG
DSCF9305.JPG
再メッキした、チェンジペダルを組み付けます。
DSCF9306.JPG
DSCF9307.JPG
ブレーキ&スピードメーターワイヤーを組み付けて・・・
DSCF9309.JPG
大体、形になって来ました。
半年ぶりにエンジン始動・・・
DSCF9310.JPG
あともう少し・・・
今日はここまで。
posted by resutoa-kun at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月16日

IMC OB型の再生 6

DSCF9251.JPG
サフェーサーざらざらに厚塗りします。
DSCF9252.JPG
綺麗に仕上げるとタンクが浮いてしまうので、サフェーサーは
水研ぎせず、そのままブラックを吹き付けて鮫肌に仕上げます。
DSCF9255.JPG
TY用のコックとタンクキャップは社外品を使います。
コルク製のガスケットは純正品。
DSCF9256.JPG
タンクを取り付けて・・・
DSCF9257.JPG
エンブレムを張り付けます。
DSCF9288.JPG
ヤフオクで落札したレバー類を取り付けます。
DSCF9258.JPG
このレバーはワイヤーを通す切り込みが無いタイプなので・・・
DSCF9266.JPG
使えそうなワイヤーを探して・・・
DSCF9259.JPG
分割式の太鼓に切り込みを入れて外します。
DSCF9261.JPG
太鼓の代わりには8mmのボルトを使います。
DSCF9265.JPG
ワイヤーを通す穴を開けて・・・
DSCF9271.JPG
太鼓が収まるように二段に穴を開けます。
DSCF9272.JPG
切り込みを入れて・・・
DSCF9274.JPG
DSCF9275.JPG
装着します。
DSCF9277.JPG
DSCF9276.JPG
タコメーター側は自転車用ワイヤーを使うので穴を開けるだけ・・・
DSCF9279.JPG
DSCF9281.JPG
ワイヤーを通して・・・
DSCF9282.JPG
下は、ねじ込みの太鼓を使いますが、在庫が無かったので
注文します。
DSCF9283.JPG
今日はここまで。
DSCF9285.JPG

posted by resutoa-kun at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月15日

IMC OB型の再生 5 

DSCF8908.JPG
ピカタンで錆取りをしていた、タンク内は綺麗になりました。
DSCF9222.JPG
タンク下部のエッジの効いたプレスラインが50年代には、
似合わないので鈑金します。
DSCF9226.JPG
まずはペーパーサンダーで塗膜を剥がします。
DSCF9227.JPG
慣らしハンマーで角を叩いて丸くします。
DSCF9229.JPG
DSCF9230.JPG
上のラインも滑らかなラインに叩きなおします。
DSCF9233.JPG
DSCF9234.JPG
DSCF9236.JPG
各部のヘコミは残っている方が自然なのでそのままにしておきます。
DSCF9237.JPG
タンクのステーはフェンダーを切った時のステーが・・・
DSCF9242.JPG
丁度いい形です。
DSCF9238.JPG
位置を合わせて・・・
DSCF9240.JPG
溶接します。
DSCF9243.JPG
後ろのステーはフレームに合わせて曲げます。
DSCF9244.JPG
ナット付きのステーを溶接します。
DSCF9246.JPG
DSCF9247.JPG
今日はここまで。
DSCF9248.JPG
posted by resutoa-kun at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記