2018年11月14日

ラビットS301Bの整備 3 エンジン始動

キャブレターを組み付けます。
DSCF9177.JPG
Oリングは新品に交換します。
DSCF9180.JPG
楕円型のOリングは円形の物でも使えますが、合うサイズ
が無かったので3o厚のフッ素ゴムシートを切り出します。
DSCF9179.JPG
少し大きめに切り出して押し込むように入れます。
DSCF9181.JPG
キャブレターを取り付けます。
DSCF9195.JPG
タンデムステップボードを外して・・・
DSCF9187.JPG
ポイントカバーを外して・・・
ポイントのすり合わせをして隙間を調整します。
DSCF9188.JPG
プラグを交換します。
DSCF9186.JPG
バッテリーと混合ガソリンを繋いで・・・
DSCF9196.JPG
キーが無いのでピッキングにてONの位置に合わせます。
DSCF9182.JPG
DSCF9183.JPG
キックでエンジン始動・・・
DSCF9189.JPG
DSCF9190.JPG
ヘッドライト、メーターランプ点灯します。
DSCF9191.JPG
HI/LO切り替えのフットスイッチも正常に作動・・・
DSCF9193.JPG
左右のウインカーも点滅します。
DSCF9192.JPG
セルスイッチ・ホーンも正常に作動しました。
DSCF9194.JPG
キーセットを外して鍵屋さんに製作に出します。
DSCF9198.JPG
タンクに入れていたエンジンコンディショナーを抜いて・・・
DSCF9199.JPG
シンナーで濯いで・・・
DSCF9200.JPG
エアーブローで乾燥させ、錆びとほこりを飛ばします。
DSCF9201.JPG
かなり綺麗になりました。
DSCF9202.JPG
ピカタンを入れて・・・
DSCF9203.JPG
密閉して2日ほど浸けます。
DSCF9205.JPG
今日はここまで。
posted by resutoa-kun at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記