2018年11月15日

IMC OB型の再生 5 

DSCF8908.JPG
ピカタンで錆取りをしていた、タンク内は綺麗になりました。
DSCF9222.JPG
タンク下部のエッジの効いたプレスラインが50年代には、
似合わないので鈑金します。
DSCF9226.JPG
まずはペーパーサンダーで塗膜を剥がします。
DSCF9227.JPG
慣らしハンマーで角を叩いて丸くします。
DSCF9229.JPG
DSCF9230.JPG
上のラインも滑らかなラインに叩きなおします。
DSCF9233.JPG
DSCF9234.JPG
DSCF9236.JPG
各部のヘコミは残っている方が自然なのでそのままにしておきます。
DSCF9237.JPG
タンクのステーはフェンダーを切った時のステーが・・・
DSCF9242.JPG
丁度いい形です。
DSCF9238.JPG
位置を合わせて・・・
DSCF9240.JPG
溶接します。
DSCF9243.JPG
後ろのステーはフレームに合わせて曲げます。
DSCF9244.JPG
ナット付きのステーを溶接します。
DSCF9246.JPG
DSCF9247.JPG
今日はここまで。
DSCF9248.JPG
posted by resutoa-kun at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記