2019年02月15日

C92のタンクオーバーホール依頼 3

C92のタンクに入れていたサビ取り剤を抜いて、水で濯ぎます。
DSCF1391.JPG
更にシンナーで濯いで・・・
DSCF1392.JPG
エアーブローで乾かします。
DSCF1393.JPG
綺麗になりました。
DSCF1394.JPG
新たに一か所、穴が貫通しました。
DSCF1398.JPG
DSCF1399.JPG
ハンダ付けします。
DSCF1400.JPG
ガソリンを入れて密封し良く振ってガソリン漏れテストをします。
DSCF1421.JPG
更に1か所漏れてきました。
DSCF1422.JPG
穴を塞いで・・・
DSCF1424.JPG
完全に止まりました。
DSCF1426.JPG
このまま明日まで置いておきます。

3日前にコールタール状ガソリンを溶かすためのケミカルサンプルを
入れたタンクですが、1日に1回中の状態をチェックしています。
DSCF1413.JPG
まずは薔薇のタンクからチェック・・・
かなりサンプル液が効いている様です。
DSCF1405.JPG
液を抜いて、軽くシンナーで濯いでエアーブローで乾かします。
コールタール状ガソリンは、ほぼ剥がれています。
かなり酷い状態でしたが、3日間で良く取れました。
DSCF1414.JPG
次はマリックのタンク・・・
DSCF1412.JPG
同じ手順でエアーブローで乾かします。
こちらもコールタール状ガソリンが剥がれています。
これで錆取り剤を入れられる状態になりました。
DSCF1411.JPG
もう一つのタンクはいつも使っているエンジンコンディショナー
を入れてましたが・・・
DSCF1410.JPG
半分ぐらい取れています。
今回の様に酷いタンクの場合いつもは1〜2週間浸けます。
DSCF1409.JPG
溶剤でコールタール状ガソリンを溶かしているので抜いた
液はドロドロです。
DSCF1415.JPG
ケミカルサンプルの方の液はサラサラで溶けているというよりは
粉状になって剥がれている様な感じです。
DSCF1416.JPG
サンプル液はまだ半透明で、再使用できそうなので汚れが
取れていない方のタンクに入れてみます。
DSCF1418.JPG
今日はここまで。
続きを読む
posted by resutoa-kun at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記