2019年03月01日

CB250RSの修理依頼

段差を踏んだ時フロント廻りから時々カツンと
突き上げるような音が鳴るらしい・・・
DSCF1762.JPG
フロントフォークを分解したらオイルが全く入っていなかった!
自然にオイルが抜けた場合完全に空っぽになることはあり得ない
ので、誰かが意図的に抜いたと思われます。
DSCF1764.JPG
インナーチューブの曲がりを測定します。
右側はダイヤルゲージの目盛りで0.2oセンターからの振れは
0.1oになります。
DSCF1769.JPG
プレスで修正します。
DSCF1770.JPG
センターからの振れを0.01o以下に修正。
DSCF1771.JPG

左側は0.03oギリギリアウトです。
DSCF1772.JPG
修正して・・・
DSCF1774.JPG
こちらも0.01o以下に修正しました。
DSCF1777.JPG
エアサスなのでエア漏れ防止のためトップのOリング類も
全て新品に交換します。
DSCF1778.JPG
組み立ててオイルを入れます。
DSCF1779.JPG
ステムベアリングも点検します。
DSCF1780.JPG

DSCF1781.JPG
洗浄してグリスを塗って組み付けます。
DSCF1782.JPG

DSCF1783.JPG
ハンドル、ライト廻りを組み付けて・・・
DSCF1784.JPG
フォーク、タイヤを付けたら・・・
DSCF1785.JPG

出来上がり。
posted by resutoa-kun at 22:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

プレートコンパクターの修理依頼

プレートコンパクター(地面固める機械)のエンジンが
掛からなくなったらしいので修理します。
DSCF1751.JPG
小松製作所製
DSCF1752.JPG
エンジンは富士重工業のロビンエンジンです。
DSCF1760.JPG

プラグは点火しているので、キャブレターを分解して・・・
DSCF1754.JPG
エンジンコンディショナーで洗浄します。
DSCF1755.JPG
綺麗になりました。
DSCF1756.JPG
組み付けてエンジン始動・・・
DSCF1759.JPG

良い調子です。
posted by resutoa-kun at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記