2019年03月07日

CBR250Rの修理




CBR250Rが不調で持ち込まれました・・・
2週間ほど前に入手したらしいのですが、急に回転数が
下がらなくなったそうです。
DSCF1940.JPG
アイドリングが8000回転以下に下がりません。
DSCF1915.JPG
まずはチョークワイヤーがグラグラです。
DSCF1916.JPG

ネジ部分が折れてステーに固定できません。
DSCF1941.JPG
ステーを挟まなければ上下の固定は出来ます。
DSCF1942.JPG
取り敢えず両手で操作すれば問題なく使えますがチョークが
完全に戻っても回転数は下がりません。
DSCF1943.JPG
ガソリンの量を点検・・・
ほとんど入っていません。
DSCF1917.JPG
ガス欠の寸前に回転が上がることがあるので、ガソリンを
4リッターほど入れてみます。
DSCF1918.JPG
ガソリンを入れても変わりがないので、アイドリング調整を
緩めてみようとしたら、閉まる方には回るけど緩める方には
回りません。
DSCF1922.JPG

外装を外して、エアークリーナーBOXも外します。

DSCF1919.JPG
スロットルは調整ネジに当たるまでちゃんと戻っています。
DSCF1921.JPG
ルーセンを塗ってアイドリング調整ネジを閉めたり緩めたり
して動きをなじませます。
DSCF1924.JPG
スムーズに動くようになりました。
DSCF1925.JPG

各部可動部にルーセンを塗っておきます。
DSCF1927.JPG

エンジン始動、回転数は下がりました。
DSCF1948.JPG
タンクを付ける前に冷却水の量を点検したら、少ないので・・・
DSCF1932.JPG
ドレンボルトを外してみたら、少ししか出てこなかった!
DSCF1933.JPG
クーラントを入れて・・・
DSCF1934.JPG
ガソリンを繋いで、エンジン始動し冷却水のエアー抜きをします。
DSCF1936.JPG
水温が上がってサーモスタットもちゃんと作動しているようです。
DSCF1937.JPG
ラジエターキャップが、はまらないほど傷んでいます。
これが原因でオーバーヒートして水が減ったのかも・・・
DSCF1938.JPG
程度の良いラジエターキャップに交換します。
DSCF1939.JPG
クラッチワイヤーがパンパンに張っているので・・・
DSCF1944.JPG

調整します。
DSCF1946.JPG

取り敢えず普通に走行できるようになりました。
DSCF1940.JPG

明日は朝からCB1100の車検に行くので11時半ぐらいまで
留守にします。
DSCF1950.JPG
posted by resutoa-kun at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記