2019年03月16日

エポの整備 4 ペイント

ストライプのマスキングをします。
DSCF2100.JPG
まずはサイドカバーから、ロゴの位置を決めて・・・
DSCF2101.JPG
切り出したシートを張り付けます。
DSCF2102.JPG
タンクも採寸通りにマスキングします。
DSCF2105.JPG



DSCF2107.JPG

一色目の水色を調色して・・・
DSCF2108.JPG
ペイントして、赤外線乾燥で強制乾燥させます。
DSCF2109.JPG
乾燥するまでの間に、今日持ち込まれたDT50の修理をします。
DSCF2110.JPG

パーツは揃ってます。
DSCF2112.JPG
スプロケットとオイルシールを交換します。
DSCF2111.JPG

DSCF2113.JPG

DSCF2114.JPG

DSCF2115.JPG
キックペダルのスプラインがへたっているので、新品に交換します。
DSCF2118.JPG
出来上がり。
DSCF2119.JPG
ここで昼食にします。
今話題のチキンラーメンです。
DSCF2120.JPG
塗装が乾いたので、二色目の青を調色して・・・
DSCF2122.JPG
ペイントします。
この青はサイドカバーだけです。

DSCF2124.JPG
そして更に乾燥させます。
DSCF2126.JPG
乾燥を待つ間に今朝、引き取りに行ってきたC92の修理をします。
DSCF2116.JPG
C92用の社外品キャブに交換しようとしたらしいのですが、
ワイヤーの長さが合わず自分で交換するのを諦めたそうです。
DSCF2128.JPG
スロットルバルブのスプリングとフロートのピンを紛失したらしいので
ジャンクパーツの中から合うものを探します。
DSCF2129.JPG
スロットルワイヤーのアウターを・・・
DSCF2132.JPG
短くカットします。
DSCF2133.JPG
装着・・・
DSCF2134.JPG
キャブの幅が短くインシュレターが届かないので・・・
DSCF2135.JPG
ずらして伸ばして装着します。
DSCF2138.JPG
調子よくなりました。
DSCF2139.JPG
二色目の塗装が乾いたので、三色目の紺色を塗ります。
DSCF2140.JPG

DSCF2141.JPG
各部をマスキングして・・・
DSCF2143.JPG
ペイントします。
DSCF2144.JPG
すぐにマスキングを剥がして、再び強制乾燥させます。
DSCF2145.JPG
DSCF2146.JPG
乾燥を待つ間、今日持ち込まれたCBR250Rのキャブを組みます。
自分でオーバーホールしたらしいのですが組み立て途中で
わからなくなったらしいです。
DSCF2156.JPG
まずはキャブを正しい順番に並べて・・・
DSCF2158.JPG
一応、内部も点検します。
DSCF2157.JPG
3番のキャブ以外は、フロートのあたりが弱く交換した方が
良さそうです。
DSCF2159.JPG
3番のキャブのスロースクリューが斜めに入って固まっています。
DSCF2168.JPG
締めることも、緩めることもできない状態です。
DSCF2169.JPG
このまま組んでも走行可能ですが、アイドリングが少し
ばらつくと思います。
取り敢えずここでストップして、オーナーと相談します。
DSCF2170.JPG
ペイントが乾いたら、ロゴを張り付けて・・・
DSCF2148.JPG
DSCF2149.JPG
クリヤーコートします。
DSCF2155.JPG

DSCF2151.JPG
DSCF2152.JPG
DSCF2153.JPG
DSCF2154.JPG
塗装完了。
誠に勝手ながら、明日は休業させて頂きます。
posted by resutoa-kun at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記