2019年06月30日

GT750のカスタム依頼 34 シートH

シートカウルに合わせてシートベースの型紙を作ります。
DSCF5392.JPG
1.6o厚の鉄板を切り出します。
DSCF5394.JPG

DSCF5395.JPG
シートカウルに合わせて曲げます。
DSCF5396.JPG

DSCF5397.JPG


DSCF5398.JPG
シートヒンジ以外の3か所に穴を開けて・・・
DSCF5399.JPG
固定して・・・
DSCF5400.JPG
シートヒンジの穴を開けます。
DSCF5401.JPG
穴にテーパーを付けて・・・
DSCF5403.JPG
皿ビスを入れてナットで固定します。
DSCF5408.JPG
ボルトの頭を溶接します。

DSCF5409.JPG
シート後部は装着しやすいように、ナットを固定して溶接します。
DSCF5410.JPG

仮合わせしてみます。
DSCF5411.JPG
ピッタリ合いました。
DSCF5412.JPG

DSCF5413.JPG
外してブラックにペイントします。
DSCF5414.JPG

DSCF5417.JPG
シートベースはシート屋さんに張に出します。
(シートスポンジは20o厚に指定します。)

posted by resutoa-kun at 18:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月28日

GT750のカスタム依頼 33 シートG

溶接加工に出していたシートカウルが戻ってきました。
DSCF5367.JPG
がっちり溶接されています!
DSCF5368.JPG

DSCF5369.JPG
表面は面一に研磨するので、裏表溶接してもらっています。
DSCF5370.JPG

DSCF5371.JPG

溶接熱で歪んだ個所を修正しながら・・・
DSCF5373.JPG
表面をペーパーサンダーで面一に研磨します。
DSCF5372.JPG


DSCF5375.JPG
ある程度磨いたら、曲げ加工時の歪みも修正します。
DSCF5374.JPG
最後に仕上げのサンディングをして・・・
DSCF5377.JPG
仮装着します。

DSCF5385.JPG

DSCF5384.JPG

DSCF5382.JPG

DSCF5383.JPG
今日はここまで。
明日は、営業日ですが臨時休業いたします。


posted by resutoa-kun at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

MVX250のタンクオーバーホール 3

底の方に樹脂コーティングが残っていたので再度、錆取り剤を
入れて数日後・・・
DSCF5347.JPG
錆取り剤を抜いて水で良く洗浄します。
DSCF5348.JPG

シンナーで濯いでエアーブローで乾燥させ、残ったコーティングを
飛ばします。
DSCF5350.JPG
かなり剥がれました。
DSCF5351.JPG

まだ底の方にコーティングが残っているのでエンジンコンディショナーを
入れて1日置きました・・・
DSCF5388.JPG
翌日、エンジンコンディショナーを抜いたら、更に大きな
塊がボロボロ出てきました。
DSCF5387.JPG
ほぼコーティングは取れましたが底の細い個所に少しだけ
残っているので・・・
DSCF5390.JPG
シンナーを入れて2日ほど浸けます。
DSCF5389.JPG

このタンクは底の方にコーティングが入っていただけで、
これだけ手こずっていますが・・・
全面にコーティングが施された後に錆が再発した場合は
再生を諦めることが多いです!

続きを読む
posted by resutoa-kun at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記