2019年07月04日

ノーティーDAXの整備 2 タンクO/H

タンクのオーバーホールをします。
DSCF5476.JPG
まずは腐ったガソリンがコールタール状になって固まって
いるので、プロツールスから出ている専用洗浄剤の原液を
薄めずに入れます。
DSCF5477.JPG
密封して、時々振って角度を変えます。
DSCF5479.JPG
この洗浄剤は反応が早く3時間で、錆だけを残して
コールタール状のガソリンは綺麗に剥がれました。
DSCF5480.JPG
残った錆は、近々プロツールスから発売される錆取り革命の
リニューアル版のサンプルを使って落とします。
まずはSTEP1の錆取り剤を入れて・・・
DSCF5481.JPG
密封し3時間ほど浸けます。
DSCF5482.JPG

3時間後、錆取り剤を抜いて水で良く濯いで・・・
STEP2の防錆剤を入れます。
DSCF5473.JPG
密封し、時々ひっくり返して3時間ほど浸けます。
DSCF5478.JPG

そして3時間後、水で良く濯いでエアーブローで乾かします。
DSCF5517.JPG
綺麗になりました。
BK560053.JPG

BK560054.JPG
錆取り革命の錆取りは、1工程多くなりますが、反応速度が
速いので今まで何日もかかっていた作業が・・・
今回はコールタール状のガソリンを剥がすところから、錆取りまで
1日で出来てしまいました!
DSCF5519.JPG

今日はここまで。
posted by resutoa-kun at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

MVX250のタンクオーバーホール 5

前回タンク内の腐ったガソリンを洗浄した部品取り車の方の
タンクです。
DSCF5472.JPG
今回はプロツールスの錆取り革命リニューアル版のサンプルが
届いたので試して見ます。
DSCF5473.JPG
まずはSTEP1の錆取り剤を入れて・・・
DSCF5474.JPG

密封し、ときどきひっくり返します。
DSCF5475.JPG
3時間後・・・
BK560032.JPG
錆は取れています。
BK560035.JPG

BK560033.JPG
次は防錆剤を入れて・・・
DSCF5492.JPG
2時間後・・・
防錆剤を抜いてエアーブローで乾燥させます。
DSCF5510.JPG
綺麗になりました
BK560049.JPG

BK560048.JPG

BK560047.JPG
もう一台の未再生未塗装車の方のMVXのタンクは昨日から
プロツールスの錆取り剤を入れていました・・・
錆取り剤を抜いて、エアーブローで乾燥させます。
DSCF5509.JPG

こちらも綺麗になりました。

BK560044.JPG

BK560045.JPG

BK560046.JPG

手前が未再生未塗装車でチャンバーが入っていますが、
フルノーマルに戻します。
奥のセパハンが入っている部品取り車の方は、いいエンジンが
見つかったのでチャンバーを入れて走り屋使用にします。
DSCF5511.JPG

今回はここまで。
posted by resutoa-kun at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記