2019年08月15日

シルバーピジョン C111の整備依頼 1

17(土)18(日)に富士登山ツアーを予約したので・・・
夏休みの予定を変更して、今日明日は作業を進めます。
DSCF6657.JPG

シルバーピジョン ピーターC111(200t)1960年
不動状態で購入して以来、全く手を付けていないらしいです。
DSCF6658.JPG

タイヤが完全につぶれていて、160sの車体は押して移動する
ことが出来ない状態です・・・
DSCF6659.JPG
フロントホイールを外して・・・
DSCF6665.JPG
ユニクロメッキのホイールの裏は綺麗でした。
DSCF6667.JPG

表側の錆を・・・
DSCF6671.JPG

磨きます。
DSCF6678.JPG
シルバーは吹き付けるのではなく、刷り込みます・・・
その方がメタル感が出てあまり違和感が出ません。
DSCF6681.JPG

ブレーキを分解します。
DSCF6682.JPG
DSCF6683.JPG

シューのスプリング掛けが折れていて、穴を開けて補修して
ありました・・・
DSCF6684.JPG

ブレーキカムの動きが悪いので分解してシャフトを磨きます。
DSCF6685.JPG
ブレーキパネルは当時の塗装が残っているので・・・
DSCF6687.JPG

あまり塗装が剥がれない様に、軽く磨きます。
DSCF6690.JPG

ドラム内の錆を・・・
DSCF6691.JPG

研磨します。

DSCF6693.JPG

ブレーキシューの表面を磨いて・・・

DSCF6692.JPG
組み付けます。
DSCF6695.JPG

スプリングはうまく掛かっていて、問題なく作動します。

DSCF6694.JPG

ボルトナット類の錆を磨いて・・・

DSCF6697.JPG
DSCF6698.JPG
新品タイヤチューブを組み付けます。
DSCF6696.JPG
DSCF6699.JPG

ブレーキワイヤーはちぎれています・・・
DSCF6700.JPG

軽々と押して移動できるようになりました。
DSCF6701.JPG
今日はここまで。
posted by resutoa-kun at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記