2020年02月23日

ラビットS82シャープカラーの整備 16

ラビットS82の整備を再開します。
DSCF1915.JPG
フロントハブベアリングの動きが悪いので分解して・・・
DSCF1916.JPG
各部を磨きます。
DSCF1917.JPG
ベアリングを交換して・・・
DSCF1918.JPG
組み付けます。
DSCF1919.JPG
FRPで作成したカバーと4輪用社外品チョークワイヤーは・・・
DSCF1921.JPG
オーナーが持ち込みの、このS82の方に取り付けて・・・
元々この車両に付いていた純正パーツをシャープカラーの
方に取り付けます!
DSCF1922.JPG
チョークワイヤーのアウターホースにワイヤーグリスを
注入して・・・
DSCF1924.JPG
組み付けます。
DSCF1925.JPG
DSCF1926.JPG

貴重なシャープカラーの方は出来るだけ純正パーツでフルノーマル
の良い仕上げにする予定で、もう一台のS82を普段の足として
乗れるように仕上げる予定です。
DSCF1927.JPG
posted by resutoa-kun at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月22日

スズキA90のエンジン始動依頼 2


DSCF1909.JPG
A90のパーツが廃番で、K90のパーツを流用する予定で
ピストンリングを取りとせましたが、知り合いのバイク屋さんの
情報でA100の純正ピストンがまだ出るらしいと教えてもらいました。
データの調べ方も教えてもらい計測してみたらピストンヘッドの
高さも同じで、シリンダーボーリングのみの加工で行けそうです。
DSCF1910.JPG
早速純正部品を注文しました。
ついでに預かっているウルフ250とスズキハイのパーツも注文しました。
DSCF1911.JPG
DSCF1913.JPG
今日は定休日なので部品注文だけして、午後からは休みます。
DSCF1908.JPG

明日は営業する予定です。
posted by resutoa-kun at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月21日

スズキダイヤモンドフリー號のシリンダー溶接依頼

スズキダイヤモンドフリー號のシリンダー単体での持ち込み
修理です。
DSCF1889.JPG
スリーブの細い部分にひびが入っています。
もしこのままエンジン始動して振動で割れた破片がエンジン
内部に落ちたら大変なので溶接します。
DSCF1890.JPG
鋳物なのであまり深追いしたら溶けてしまうので、チョンチョンと
簡単に貼ります。
DSCF1891.JPG
軽く表面を研磨して・・・
DSCF1892.JPG
これで振動による共振で割れるのは防げると思います。
DSCF1894.JPG


posted by resutoa-kun at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記