2020年02月17日

サンバークラシックの鈑金塗装 4

サイドストライプを剥がします。
DSCF1834.JPG
DSCF1835.JPG
コーナーパネルの塗装が悪いので外して・・・
DSCF1836.JPG
DSCF1837.JPG
サイドバイザー類も外します。
DSCF1840.JPG
DSCF1843.JPG
全体をペーパーで磨いて・・・
DSCF1845.JPG
DSCF1847.JPG
コーナーパネルの塗装はクリヤーが浮いているので・・・
DSCF1848.JPG
ペーパーで一皮めくります。
DSCF1849.JPG
DSCF1850.JPG
今日はここまで。
DSCF1852.JPG
posted by resutoa-kun at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月16日

セルペット80のクランクケース分割依頼

クランクケースが固くて分割できないと言って
エンジン単体で持ち込まれました。
DSCF1821.JPG
まずはピストンを抜いて・・・
DSCF1822.JPG
クランクベアリングが錆びていてかなり固い!
ジェネレータ側はクランクケースセパレーターがかけられず、
こちら側にかけるしかないけど、クランクシャフトのセンターに
オイルポンプギヤの切り込みがありこのままでは無理なので・・・
DSCF1823.JPG
ピッチの合うナットを探して・・・
DSCF1825.JPG
ブッシュを溶接します。
DSCF1826.JPG
これをシャフトにねじ込んで・・・
DSCF1827.JPG
クランクシャフトセパレーターで抜きます。
それでもかなり固い!
DSCF1828.JPG
ガキンッ、ガキンッと音を立てて何とか抜けました!
DSCF1829.JPG
ミッションがバラけない様に固定して、クランクを抜きます。
DSCF1830.JPG
クランクベアリングもダブルベアリングになっていて
かなり固い!!!
DSCF1831.JPG

右の外側のベアリングは薄型で現在の規格では存在しないので
内径外径が同サイズのオイルシールをスペーサー代わりに
入れてシングルベアリングにします。
(クランクシールと一緒にモノタロウで取り寄せます)
DSCF1833.JPG
私の仕事はここまで・・・
オイルシールが揃ったらオーナーのもとに戻します。
DSCF1832.JPG


posted by resutoa-kun at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月15日

スズキA90のエンジン始動依頼 1

先月エンジン単体の持ち込みで、腰下のオーバーホール、
クランクとミッションのベアリング・オイルシール類を交換
したA90ですが、自分でエンジンを積んでみてキックを踏んで
頑張ったけどエンジンが掛からなかったらしく・・・
DSCF1810.JPG
今日、車両ごと軽トラに積んで持ち込まれました。
取り敢えず圧縮を計ってみます・・・
5kgしかありません!
DSCF1812.JPG
シリンダーを抜いて・・・
DSCF1813.JPG
ピストンの傷とリングが1本しか無いけど、これぐらいなら
エンジンぐらいは掛かるはずですが、問題はリングの上下方向の
ずれ!これがリングの張力にストップをかけているのかも?
DSCF1814.JPG
DSCF1815.JPG
スズキK90ピストンの在庫があったので合わせてみます・・・
ピストンピンの径は14oで同じですが、ボアが3o大きく
ピストンヘッドの高さが3o低い・・・
DSCF1816.JPG
他にもいろいろサイズを調べてみましたがピストンピンの径が
14oの小型排気量車がほとんどない!
47oのピストンを調べてみたらトーハツ ニューバーディー
のピストンが47oなので在庫のピストンを合わせてみます。
DSCF1818.JPG
DSCF1819.JPG
ピストンピンの径が違います、せめてリングだけでも合えば
良いのですが微妙に形状が違います・・・
DSCF1820.JPG
やはりK90のピストンで3oボーリングして、シリンダー下面を
3oメンケンしてもらうしかないか?
オーナーと相談してみます・・・
DSCF1817.JPG


posted by resutoa-kun at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記