2020年06月18日

ダイハツハローの再修理依頼 1

先月エンジン不動で持ち込まれて修理しハローですが、
また動かなくなったそうです。
DSCN2016.JPG
前回の修理の時はキャブ内部の液体パッキンの掃除と、内径が
大きくなったスロージェットの交換で動く様になりました。
取り敢えずキャブを開けてみましたが、油面も正常で特に
問題はない様です。
DSCN2022.JPG
プラグの点火は少し弱い様な気もするけど、エンジンが
掛からないほどでもない・・・
DSCN2021.JPG
圧縮を計ってみました、7.5kg低い・・・
前回計った時は9s弱ありましたが、弱っています。
DSCN2029.JPG
ジェネレータを外して・・・
DSCN2025.JPG
クランクシールを点検・・・
少し滲んでいる様です、サイズは内径17o外径34oで
調べてみたら現在の規格では存在しません!
DSCN2028.JPG
DSCN2031.JPG
シリンダーを抜いてみました・・・
セカンドリングが入っていません!!!
DSCN2041.JPG
排気ポートの辺りで、一部分だけ残っています。
DSCN2039.JPG
シリンダーベースガスケットは何か印刷されたボール紙を
切り出して作ってあります・・・
あきらかに、意図的に悪い状態で組まれたエンジンです!!!
DSCN2043.JPG
割れたリングがクランクケース内に落ちている可能性もあるので
修理するとしたら、ピストン交換だけではなくクランク全バラ
にして組み直すか、エンジン丸ごと積み換えになります。
DSCN2044.JPG
オーナーと相談して今後の方針を決めます。


posted by resutoa-kun at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ライブディオZXの修理依頼

朝一番エンジン始動エンジン始動したらすぐに吹き上がらない
アクセルを開けるとエンストする状態です。
一度エンジンが温まると、その日一日は調子がいい。
DSCN1936.JPG
エアークリーナーエレメントを外して・・・
DSCN1937.JPG
ボロボロです!
DSCN1938.JPG
DSCN1939.JPG
エアークリーナーのカスはキャブまで入っています・・・
DSCN1940.JPG
キャブレターを分解・・・
DSCN1941.JPG
エンジンコンディショナーで洗浄します。
DSCN1944.JPG
オートチョークのバルブが伸びた状態で効いていません・・・
エンジン始動時不調の一番の原因はこれでしょう。
DSCN2008.JPG
マニホールドのOリングも、へたっているので交換します。
DSCN2007.JPG
DSCN2009.JPG
エアークリーナーBOX内も掃除して・・・
DSCN2010.JPG
エレメントを交換します。
DSCN2011.JPG
エンジン始動・・・
DSCN2013.JPG
良い調子です!
DSCN2015.JPG
明日朝一番にもう一度、エンジン始動点検して異常が
無ければ納車します。
posted by resutoa-kun at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記