2020年09月08日

ケンメリ(ヨンメリ)の全塗装依頼 23

リアウインドウの隙間など細かい個所の錆をミニペーパーサンダーで
磨いて・・・
DSCN5110.JPG
DSCN5111.JPG
脱脂材で拭き取り・・・
DSCN5112.JPG
錆チェンジャーを塗ります。
DSCN5113.JPG
湿気で錆びてくるので、磨いた個所全部塗ります。
DSCN5114.JPG
DSCN5115.JPG
左側面はまだ粗削りのままです。
前回鈑金した個所のパテを研いで・・・
DSCN5116.JPG
ペーパーサンダー傷をダブルアクションサンダーで仕上げます。
DSCN5117.JPG
DSCN5120.JPG
クォーターパネルの裾がちょっと錆びているだけだで、
オーバーフェンダーで隠れるので気にしてなかったのですが
鈑金ハンマーで叩いたらボロボロと錆が落ちて、大きな穴が
開いてしまった!!!
DSCN5123.JPG
オーバーフェンダーを止める穴のすぐ横で、パテでごまかしても
すぐ割れてくるので・・・
DSCN5124.JPG
明日、溶接修理します。
DSCN5125.JPG
取り敢えず磨いた個所を脱脂材で拭き取って・・・
DSCN5126.JPG
錆チェンジャーを塗ります。
DSCN5127.JPG
DSCN5129.JPG

今日はここまで。
posted by resutoa-kun at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

入荷情報 トーハツTH58型

トーハツTH58型 200t (1958年)
DSCN5102.JPG
今日、埼玉県から届きました。
欠品はメインキーとタンクエンブレムぐらいです。
DSCN5092.JPG
全体的に、良く錆びています!
写真では解りにくいですが、撫でると錆がバラバラッと
落ちる様な錆が全体に出ています・・・
DSCN5091.JPG
シートやゴム類の状態から見て、長期にわたって湿気の多い
土間での室内保管だと思います。
DSCN5090.JPG
ここまでイイ感じに良く錆びていると、バラバラッと錆が
落ちるのも、もったいない様な気がするので出来るだけ
触れない様にそっと保存したいです!
DSCN5080.JPG
エンジンはキックが下りません。
DSCN5087.JPG
DSCN5088.JPG
DSCN5093.JPG
燃料コック・キャブレターも完品で、スロットルワイヤーは
動いています。
DSCN5104.JPG
リヤキャリヤは大型のオーバーキャリヤ付で・・・
DSCN5085.JPG
更に後方にサブキャリヤが追加されていて・・・
DSCN5086.JPG
超!運搬仕様になっています。
DSCN5084.JPG
走行距離は薄くて見えにくいですがメーター読みで11000qです
DSCN5083.JPG
タンク内は液体が少し残っていますが、オーバーホールしたら
使えそうです。
DSCN5082.JPG
マフラーの状態も良い方です!
DSCN5096.JPG

リヤのリムは一部、朽ちています!
溶接補修するか?同じような錆ぐあいの使えるリムに交換するか?
DSCN5097.JPG
ウインカーは後付けみたいですが、出来ればこのまま作動
させたいです。
DSCN5098.JPG
DSCN5099.JPG
DSCN5100.JPG
ハンドルロックはキー付きですが、うかつにロックをかけると
ロックが戻らなくなり、外すことも出来なくなって大変な
ことになりかねないので、先に外してオーバーホールしてから
使います。
DSCN5106.JPG
DSCN5103.JPG
DSCN5094.JPG
時間が出来たら乗れる様にして、サビサビのまま商品化します。
posted by resutoa-kun at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記