2020年11月27日

ラビットS301AB型の修理依頼 3

タンク穴を溶接修理して更に錆取り剤を入れ1日浸けました。
DSCN8061.JPG
タンク内部の錆は綺麗に取れています。
BK560004.JPG
BK560005.JPG
BK560006.JPG
ヒューエルメーターのパッキンは新品に交換します。
DSCN8063.JPG
コックを取り付けてガソリンを入れます。
DSCN8062.JPG
DSCN8064.JPG
作動&漏れテストをします。
DSCN8065.JPG
DSCN8066.JPG
ONとRESは正常に作動しますが、OFFでガソリンがポタポタと
漏れてきます。
DSCN8071.JPG
コックを外して、在庫していたコルクパッキンを交換します。
DSCN8076.JPG
DSCN8077.JPG
穴無しタイプなのでボール盤で穴を開けます。
DSCN8079.JPG
穴の位置を合わせながらパッキンを挿入します。
DSCN8083.JPG
ピタリと止まりました。
DSCN8085.JPG
これでバッチリかと思っっていたら・・・
ヒューエルメーターのボルト1か所から滲んでいます。
DSCN8092.JPG
パッキンは新品ですがボルトと穴の隙間から上がってきて締め付けても
止まりません。
DSCN8093.JPG
これはボルトにファイバーパッキンワッシャを入れたら止まりました。
DSCN8094.JPG
念のために全てのボルトに入れておきます。
DSCN8095.JPG
今度こそ終わりかと思ったら・・・
元から補修してあったコックの付け根からの滲みを発見!
DSCN8090.JPG
再びガソリンを抜いて、エアーブローで完全に乾かします・・・
DSCN8073.JPG
ロウ付けのはじいている穴からの滲みです。
DSCN8098.JPG
ロウ付けして漏れチェック・・・
DSCN8100.JPG
DSCN8103.JPG
全てのガソリン漏れが止まったのでサッとシルバーを吹き付けて・・・
DSCN8104.JPG
装着します。
DSCN8105.JPG
新品のホースに交換して・・・
DSCN8106.JPG
DSCN8107.JPG
エンジン始動・・・
DSCN8108.JPG
試運転をして・・・
DSCN8112.JPG
良い調子です!
DSCN8109.JPG
これで燃料系の整備は出来ましたが、走行中にエンストしないか
しばらく乗ってテストしてみます。
明日は定休日(第二第四土日)で休みます。
日曜日は店にいる予定です。
posted by resutoa-kun at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記