2020年12月09日

エストレアの修理依頼

踏切待ちでエンストし押して帰って来たらしいです・・・
キャブ周りがガソリン臭く、アクセル全開でセルを10秒ぐらい
廻し続けると何とか始動しました!
DSCN8544.JPG
キャブレターのオーバーフローの症状なので、外装を外して・・・
DSCN8545.JPG
キャブレターを分解します。
DSCN8548.JPG
エンジンコンディショナーで洗浄します。
DSCN8550.JPG
待っている間にプラグを点検・・・
DSCN8553.JPG
真っ黒にかぶっているので、交換します。
DSCN8554.JPG
キャブレターを組み付けて・・・
DSCN8555.JPG
フロートの高さを点検・・・
見た目だけでも油面が高そうです。
DSCN8547.JPG
ガソリンを繋いで液面を点検・・・
DSCN8556.JPG
かなり油面が高い!フロートチャンバーを外すときにドバっと
ガソリンが流れ出ました!
DSCN8557.JPG
樹脂製フロートですがフロートバルブの付け根は金属製なので
液面調整が出来ます。
DSCN8562.JPG
フロートの高さを合わせて、液面を合わせます。
DSCN8563.JPG
DSCN8564.JPG
ガソリンを繋いでフロートバルブの滲みが出ないかテストします。
DSCN8565.JPG
1時間後、漏れは完全に止まっています。
DSCN8566.JPG
ヒューエルホースが一回り太いサイズが入っていたので
適正サイズに交換します。
DSCN8567.JPG
DSCN8568.JPG
軽い吹き上がりになりました。
DSCN8569.JPG
今日はエストレアに乗って帰って調子を見ます。
posted by resutoa-kun at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記