2021年01月30日

セルペットMDの整備 3

DSCN0174.JPG
幅の細いブレーキシューが届きましたが、間違ってました。
DSCN0175.JPG
外径は同じでよく似ていますが、取り付け幅が少し違います。
DSCN0176.JPG
シュー幅と取り付け幅の違うよく似たシューが4種類あります。
DSCN0177.JPG
取り寄せたハイ系のシューと互換性があるのは幅広のレッツ系のシューで
これはハイにも取り付け可能です。
DSCN0181.JPG
セルペットと取り付け幅が同じなのは、幅広の2サイクルバーディー系と
幅の狭い4サイクルバーディー系です。
DSCN0182.JPG
セルペットは更に幅が狭く、合うブレーキシューは無いので4サイクル
バーディー系のシューを削って使います。
DSCN0183.JPG
ドラムの奥側だけ2o削ります・・・
DSCN0185.JPG
DSCN0186.JPG
ドラムとシューは干渉しなくなりました。
DSCN0187.JPG
次はリヤタイヤとチューブを交換します。
DSCN0195.JPG
ドラムの錆を研磨して・・・
DSCN0199.JPG
DSCN0200.JPG
リヤブレーキシューを交換します。
DSCN0201.JPG
リヤシューもフロントと同じように2o研磨します・・・
DSCN0202.JPG
DSCN0203.JPG
ホイールを組み付けて、チェーンを交換します。
DSCN0204.JPG
DSCN0205.JPG
錆取りをしていたタンクの錆取り剤を抜きます。
DSCN0188.JPG
水で良く濯いで・・・
DSCN0189.JPG
エアーブローで乾燥させます。
DSCN0194.JPG
綺麗になりました。
BK560007.JPG
BK560008.JPG
ヒューエルコックは付いていなかったので、コックの箱から
スズキ系のコックを探します。
DSCN0212.JPG
分解して・・・
DSCN0213.JPG
エンジンコンディショナーで洗浄します。
DSCN0214.JPG
ガスケット類は新品に交換して・・・
DSCN0215.JPG
組み付ける前に、艶出し剤でフレームを磨いて・・・
DSCN0206.JPG
DSCN0208.JPG
組み付けます。
DSCN0218.JPG
20:1の混合ガソリンを入れて・・・
DSCN0217.JPG
タンクキャップは当時物のデッドストック品に交換します。
DSCN0220.JPG
DSCN0221.JPG
金網メッシュのエアークリーナーエレメントを掃除して・・・
DSCN0224.JPG
インシュレターの先が傷んでいるのでカットして・・・
DSCN0225.JPG
ラジエターホースの曲がている部分を繋ぎます。
DSCN0226.JPG
DSCN0227.JPG
DSCN0228.JPG
バッテリーを交換して・・・
DSCN0219.JPG
リヤウインカーが点かないのでヒートガンで温めてレンズを外します。
DSCN0230.JPG
アースがギリギリで接触する構造になっていて接触不良を
起こしています。
DSCN0231.JPG
アルミテープを間に挟んで・・・
DSCN0238.JPG
直りました。
DSCN0239.JPG
左側も同じようにアルミテープを挟んで・・・
DSCN0248.JPG
点きました。
DSCN0249.JPG
左フロントウインカーは球が入っていませんでした。
DSCN0250.JPG
新品球を入れて、フロントはアースの構造に問題はありませんでした。
DSCN0254.JPG
かなり状態の良いシートを取り付けて・・・
DSCN0255.JPG
今日はここまで。
DSCN0259.JPG
posted by resutoa-kun at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記