2021年02月11日

セルペットMDの整備 6 追加整備2

車台番号でクラッチフリクションディスクを注文していましたが、
スズキの社内データに該当する車台番号が無いので部品が特定
できないとの返答がありました。
DSCN0660.JPG
今後年式違いの車種などで同サイズのクラッチ板があるかもしれないので
コピーを取っておきます。
DSCN0662.JPG
クラッチフリクションディスクは薄くなっていますがまだ溝はありますので、
クラッチスプリングの奥にワッシャを入れて厚みを合わせます。
DSCN0671.JPG
DSCN0672.JPG
内径6oの銅ワッシャを使いますが内径が少し小さいのでやすりで削ります。
DSCN0663.JPG
DSCN0664.JPG
DSCN0665.JPG
0.8oのワッシャを2枚重ねにするので12枚削ります・・・
DSCN0666.JPG
DSCN0667.JPG
クラッチ板の方も少し錆があるので、ペーパーで磨きます。
DSCN0669.JPG
DSCN0670.JPG
スプリングの奥に銅ワッシャを2枚ずつ入れて組み付けます。
DSCN0674.JPG
DSCN0675.JPG
ミッションオイルを入れます。
DSCN0676.JPG
左側のスプロケットシールからオイルが漏れている様なので交換します。
DSCN0678.JPG
DSCN0680.JPG
これは、たまたま部品のストックがありました!
DSCN0681.JPG
DSCN0683.JPG
走行テストして・・・
フル加速してシフトアップしてもクラッチは滑らなくなりました。
DSCN0677.JPG
オーナーに連絡して引き取りに来てもらいます。
posted by resutoa-kun at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記