2021年06月27日

YDT-1をカスタムする! 10 タンク加工(9)

去年の1月にから、YDT-1(YDS-1のツーリングモデル)ジャンク車両を
ベースに浅間火山レース仕様を作っています。
DSCN5219.JPG
1年ぶりにタンク加工の続きをします。
DSCN5187.JPG
DSCN5186.JPG
1年前に、ほぼ外観が出来ているタンクの最終仕上げをします。
DSCN2322.JPG
YDS-1のタンクに、鈑金で叩きだした鉄板を溶接して内側はまだ
鉄板を貼っていません。
DSCN2323.JPG
DSCN2324.JPG
型紙を作って鉄板を切り出します・・・
DSCN2325.JPG
DSCN2326.JPG
DSCN5188.JPG
DSCN5189.JPG
固定して溶接します。
DSCN5190.JPG
DSCN5191.JPG
DSCN5193.JPG
次は反対側・・・
DSCN5195.JPG
DSCN5196.JPG
DSCN5198.JPG
そして後部を貼ります。
DSCN5199.JPG
DSCN5200.JPG
DSCN5203.JPG
DSCN5204.JPG
最後にはんだ付けと溶接部分の隙間をはんだで埋めて・・・
DSCN5205.JPG
DSCN5210.JPG
ペーパーサンダーで磨いて仕上げます!
DSCN5212.JPG
DSCN5213.JPG
タンク全体をペーパーサンダーで磨きます。
DSCN5214.JPG
DSCN5215.JPG
脱脂材で拭き取って・・・
DSCN5217.JPG
サフェーサーを塗ります。
DSCN5220.JPG
DSCN5222.JPG
DSCN5224.JPG
posted by resutoa-kun at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

古家のリフォーム 39

作業の前に、娘に貸しているプラスチックハンマーを取りに、娘の家の庭
に来ています。
DSCN5094.JPG
DSCN5095.JPG
娘は今日もガーデニング作業中です。
DSCN5093.JPG
煉瓦の小道を作るのにプラスチックハンマーを使っていた様です・・・
DSCN5100.JPG
数か月前まで荒れ地だった庭もかなりカッコイイ庭になって来ています!
DSCN5097.JPG

今回は外回りです。
DSCN5104.JPG
玄関側の花壇(トマト畑)の土が雪崩れてくるので仕切りを作ります。
DSCN5101.JPG
90mmの杉板を適当な長さにカットして・・・
DSCN5105.JPG
打ち込んでみます。
DSCN5107.JPG
この板を基準に3種類の長さで35枚ほど切り出します。
DSCN5126.JPG
ペーパーでバリ取りをして・・・
DSCN5128.JPG
防腐塗料を2回塗りします。
DSCN5131.JPG
1回目を塗り終えたら、乾くまでの間に煉瓦の外側にはみ出したセメントを
ハンマーではつります。
DSCN5113.JPG
DSCN5115.JPG
DSCN5117.JPG
DSCN5142.JPG
真ん中あたりで更に間仕切りされた煉瓦が出てきました!
DSCN5108.JPG
DSCN5109.JPG
息子は前に補強したベランダ屋根の柱をペイントしています。
DSCN5123.JPG
DSCN5124.JPG
DSCN5121.JPG
花壇側の下地処理完了!
DSCN5133.JPG
防腐塗料の2回目を塗ります・・・
DSCN5134.JPG
DSCN5135.JPG
待ち時間の間、水栽培していたパイナップルのヘタから根が
伸びてきているので植え替えます。
DSCN5138.JPG
今回は、やかんの鉢に植えます!
DSCN5137.JPG
DSCN5136.JPG
DSCN5139.JPG
DSCN5140.JPG
DSCN5141.JPG
防腐塗料が乾いたら仕切り板を打ち込みます・・・
DSCN5146.JPG
仕切り板の高さは奥さんのセンスに任せます!
DSCN5147.JPG
DSCN5149.JPG
土をかぶせます・・・
レンガと板の隙間にも土を詰めて板を安定させます。
DSCN5156.JPG
DSCN5157.JPG
DSCN5153.JPG
DSCN5154.JPG
DSCN5158.JPG
最後に水で流して、出来上がり!
DSCN5160.JPG
DSCN5159.JPG
DSCN5181.JPG
ベランダの方も綺麗になりました!
DSCN5182.JPG
DSCN5150.JPG
DSCN5152.JPG
この狭いスペースが茶畑とパイナップル畑・トマト畑になっています。
DSCN5162.JPG
つづきはまた2週間後・・・
posted by resutoa-kun at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記