2021年07月14日

リトルホンダPC50の整備依頼 1

大変長らくお待たせしています。(3月から待ってもらってます)
リトルホンダの整備を開始します。
DSCN5944.JPG
フロントフェンダーは割れているので補修が必要です。
DSCN5945.JPG
サイドカバーはうちに良い状態のがあるので交換します。
DSCN5948.JPG
DSCN5949.JPG
まずはガソリンタンク内の錆取りをします。
DSCN5955.JPG
DSCN5954.JPG
エアーブローでタンク内の錆とほこりを飛ばします。
DSCN5956.JPG
錆取り剤を入れて・・・
DSCN5957.JPG
時々逆さまにして1日浸けます。
DSCN5958.JPG
DSCN5959.JPG
キャブレターと燃料コックを分解して・・・
DSCN5961.JPG
エンジンコンディショナーで洗浄します。
DSCN5962.JPG
燃料コックバルブの当たり面の歪みは面研します。
DSCN5963.JPG
DSCN5964.JPG
綺麗になりました!
DSCN5965.JPG
メインジェットのガスケットはロードパル用が使えますが
フロートチャンバーガスケットはサイズを計ってフッ素ゴムか
NBRゴムのOリングを取り寄せます。
DSCN5966.JPG
DSCN5967.JPG
取り敢えずこのまま組み付けて始動テストします・・・
DSCN5968.JPG
ポイントの隙間を点検して・・・
DSCN5971.JPG
プラグを交換します。
DSCN5972.JPG
オイルを交換して・・・
DSCN5973.JPG
ガソリンを繋いでエンジン始動・・・
良い調子です!
DSCN5976.JPG
今のところオーバーフローはありません。
DSCN5975.JPG
バッテリーを交換して・・・
DSCN5978.JPG
電気廻りを点検します。
ウインカーが点かないのでリレーを交換します。
DSCN5979.JPG
点きました。
DSCN5981.JPG
左ウインカーのソケットが腐っているので・・・
DSCN5983.JPG
DSCN5984.JPG
初期DAXのウインカーを加工して取り付けます。
DSCN5986.JPG
腐ったウインカーを切り取って・・・
DSCN5987.JPG
DAXウインカーのステーを切り落とします。
DSCN5988.JPG
ステーの分厚い部分に穴を開けて・・・
DSCN5989.JPG
5mmのタップを立てます。
DSCN5990.JPG
ウインカーブラケットに穴を開けて・・・
DSCN5992.JPG
ボルトで固定します。
DSCN5993.JPG
テール球を交換して・・・
DSCN5997.JPG
ウインカー・テール・ブレーキランプ点きました。
DSCN5999.JPG
DSCN6000.JPG
ヘッドライト球を交換します。
DSCN6002.JPG
DSCN6003.JPG
充電量を点検します。
DSCN6006.JPG
エンジン回転を上げて7.2V・・・
DSCN6007.JPG
ヘッドライトを点けると、見る見るうちに下がってきます。
DSCN6008.JPG
セレンの代わりに新品のレクチファイアを取り付けます。
DSCN6009.JPG
DSCN6010.JPG
エンジン回転を上げて8.2V・・・
DSCN6011.JPG
ヘッドライトを点けても、回転を上げるとだんだん上がってきます>
DSCN6016.JPG
程度の良いサイドカバーを取り付けて・・・
DSCN6017.JPG
今日はここまで。
posted by resutoa-kun at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記