2021年08月26日

ラビットS82の整備依頼 5

DSCN7589.JPG
口径の小さいパワーフィルターの代わりに、仮に付けていた目の粗い
網を外して、エアーファンネルを付けます。
DSCN7590.JPG
DSCN7591.JPG
まずは型紙を作って・・・
DSCN7592.JPG
銅板を切り出します。
DSCN7594.JPG
DSCN7595.JPG
巻いてはんだ付けします。
DSCN7596.JPG
銅製の目の細かい網を二ファンネルに被せて型取りして・・・
DSCN7597.JPG
折り目は5mmぐらいでカットします。
DSCN7598.JPG
網をファンネルの内側にはめ込んで・・・
DSCN7599.JPG
ハンダ付けします。
DSCN7604.JPG
DSCN7600.JPG
DSCN7603.JPG
切り込みを入れて・・・
DSCN7606.JPG
バンドで締め付けます。
DSCN7607.JPG
少ししわが入りました、次回からは少し小さめに作って切り込みを入れて
広げた時にピッタリ合うようにします・・・
DSCN7608.JPG
もう少し濃くても良さそうなのでニードルの位置を変えます。
DSCN7610.JPG
エンジン始動!
DSCN7611.JPG
良い吹き上がりです!
DSCN7612.JPG
今日はここまで。
posted by resutoa-kun at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ラビットS301Bの整備依頼 3

DSCN7555.JPG
錆取り剤を入れて2日目、新たに穴が開いています。
DSCN7557.JPG
黒く変色した錆取り剤を抜いて・・・
DSCN7558.JPG
ペーパーサンダーで穴が開いている個所を磨きます。
DSCN7563.JPG
新たに3か所開いていた穴の部分を凹まして・・・
DSCN7564.JPG
ハンダ付けします。
DSCN7566.JPG
タンク内はまだまだ錆びているので、チェーンを入れてガシャガシャ
振って・・・
DSCN7562.JPG
水で濯ぎます。
DSCN7560.JPG
綺麗な錆取り剤に入れ替えて・・・
DSCN7567.JPG
特に背面を中心に2〜3日浸けます!
DSCN7586.JPG
ヒューエルゲージの錆は綺麗に取れています。
DSCN7569.JPG
水で洗浄して・・・
DSCN7570.JPG
プラスチックギアのボルト部分が折れてしまっているので修理します。
DSCN7573.JPG
裏から穴をあけて・・・
DSCN7576.JPG
3mmのタップを立てます。
DSCN7577.JPG
アルミプレートをボルトナットで止めます。
DSCN7578.JPG
うらからボルトを入れて・・・
DSCN7579.JPG
DSCN7582.JPG
組み付けます
DSCN7584.JPG
DSCN7585.JPG
DSCN7587.JPG
posted by resutoa-kun at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記