2021年09月28日

入荷情報 ポインターデラックス

明和興業(株)宝塚製作所 ポインターデラックス 60t(1949年)
自転車取付用エンジン
DSCN9017.JPG
DSCN9024.JPG
DSCN9022.JPG
DSCN9034.JPG
DSCN9031.JPG
上部のジェネレータカバーが欠品です。
DSCN9036.JPG
冷却フィン付きのエキゾーストチャンバー!
DSCN9023.JPG
DSCN9035.JPG
キャブレター
DSCN9025.JPG
DSCN9026.JPG
シフトレバーは3段階にななっているので、おそらくHI/LOとニュートラル?
DSCN9028.JPG
DSCN9029.JPG
DSCN9033.JPG
1949年の4月製造・・・
DSCN9040.JPG
DSCN9037.JPG
DSCN9021.JPG
ポインターデラックスは戦後(1946年)に川西航空機(株)宝塚製作所
が手がけた最初のモデルです。
1947年に社名を明和興業(株)に改称。
1949年11月に新明和興業(株)に改称。
1960年に現在の新明和工業に改称。
それでは、先日紹介した2台の古い自転車プリミヤ號と光自転車
のどちらかにエンジンを搭載しょうと思います。
DSCN8949.JPG
光自転車は郵政車だと言うことが判明しバイクモーターを
積むのには適さないので、プリミヤ號に積みます。
まずはプリミヤ號を磨きます・・・
DSCN8951.JPG
DSCN8952.JPG
フロントタイヤが付いていないので、余っているBEタイヤを入れます。
DSCN8986.JPG
DSCN8988.JPG
綺麗になりました!
DSCN9003.JPG
DSCN8994.JPG
DSCN8995.JPG
それではエンジンを装着します。
DSCN9053.JPG
DSCN9046.JPG
DSCN9051.JPG
DSCN9045.JPG
DSCN9049.JPG
DSCN9055.JPG
DSCN9062.JPG
DSCN9058.JPG
あまりにもカッコよすぎるので!
当店のシンボルマシンにしょうと思います・・・
posted by resutoa-kun at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年09月27日

ペリカンジョグの修理&排気量アップの依頼 5

DSCN8953.JPG
パーツが揃ったので作業を再開します。
DSCN8954.JPG
ウェイトローラーを7gから6gに交換します。
DSCN8955.JPG
DSCN8956.JPG
メインジェットは92番から94番に、パイロットジェットは46番から
54番に変更して・・・
DSCN8957.JPG
試運転します。
DSCN8959.JPG
少し濃い様なので・・・
DSCN8960.JPG
メインジェットを94番から92番に下げて試運転します。
DSCN8961.JPG
あまり変わらないので、パイロットジェットを50番に下げます。
DSCN8967.JPG
DSCN8968.JPG
試運転したら、メッチャかぶっています吹き上がりは重く
アイドリングも保ちません!!!
キャブレター点検して組み直しても変わりません・・・
DSCN8971.JPG
パイロットジェットは間違いなく54番から50番に下げたのに???
もう一度虫眼鏡でジェット番号を確認していたら、ジェットの先端の
細い部分に穴が開いていない!
DSCN8976.JPG
同時に買ったあとの2つには穴が開いています。
同タイプの番号違いなので、穴が開いていないのは製造ミスだと思います!
DSCN8975.JPG
パイロットジェットは54番に戻して、少し長い距離を走ってみます。
プラグは良い焼け色です。
DSCN8978.JPG
外装を組み付けます。
DSCN8981.JPG
DSCN8982.JPG
長らくお待たせ致しました。
しばらく乗って問題なければ納車します。
DSCN8983.JPG
DSCN8985.JPG
今日はペリカンジョグに乗って帰ります。
posted by resutoa-kun at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年09月26日

日本の実用自転車(運搬車)図鑑 No.19 プリミヤ號

 日本の実用自転車(運搬車)図鑑
当店所有又は以前所有していた車両及び、来店(修理持込)された
日本の古い自転車を紹介しています。

No.19
(株)丸石商会 プリミヤ號
DSCN9003.JPG
DSCN9005.JPG
DSCN8993.JPG

DSCN9004.JPG
1950年代では丸石の自転車にカンガルーのマークがあるのはプリミヤ號
だけで、他の数々のブランド、アトラス號・ピアス號・ダイアモンド號
などにはそれぞれのマークがありました。
DSCN8996.JPG
DSCN8997.JPG
DSCN8995.JPG
DSCN9007.JPG
DSCN8994.JPG
DSCN8998.JPG
DSCN9000.JPG
ギヤのスポーク部もカンガルーの形になっている。
DSCN8990.JPG
サドルもオリジナルです。
DSCN9001.JPG
DSCN9006.JPG
この車両プリミヤはプリミヤ號の中でもかなり古い方で、リヤブレーキは
ゴムの引きブレーキです。
DSCN9009.JPG
DSCN9010.JPG
DSCN8992.JPG
DSCN9002.JPG
通称ナショナルランプと呼ばれるこのランプは、自転車取り付け可能な
懐中電灯で、自転車のライトステーにワンタッチで取付できます。
DSCN9011.JPG
DSCN9014.JPG
DSCN9015.JPG
このランプはサンヨー製です。
DSCN9012.JPG
・プリミヤ號は元々1884年にイギリスのHillmann Herbert & Cooperという会社が
 製作した自転車にカンガルーのという名を付けたことから始まったらしい・・・
・1892年に同社の社名をPremier Cycle Co.Ltd(プリミヤサイクル)に変更し、
 ロゴとしてカンガルーをそのまま使用したそうです・・・
・Premier Cycleは明治45年(1912年)から自転車を日本に輸出していた
 らしい・・・
・大正9年(1920年)に日英合同で製造する為にAJC(日英合同自轉車製造株式会社)
 を神戸市に創設し、丸石商会は販売代理店を務めていたらしい・・・
・その後、丸石商会はライセンス契約をしたと思われます。
店内にはプリミヤ號の新車も展示していますが、組み立て前のスポークまで
バラバラの状態で、数種類のプリミヤ號の部品が混ざっていて欠品もあり
フルノーマルとして組み立てるのは無理そうです。
DSCN8939.JPG
DSCN8940.JPG
DSCN8943.JPG
DSCN8941.JPG
フルセルロイドのチェーンケースもあります!
DSCN8942.JPG
木製の看板も展示しています!
DSCN8945.JPG