2021年09月08日

ラビットS301Bの整備依頼 7

補修したタンクにガソリンを入れ密封状態で数日置いていましたが
燃料漏れはない様です。
DSCN8027.JPG
DSCN8017.JPG
補修個所各部をワイヤーブラシで磨いて・・・
DSCN8019.JPG
ガソリン密封状態のまま良く振って、更にプラスチックハンマーで衝撃を
与えます!
DSCN8020.JPG
1か所だけ滲み出てきました。
DSCN8029.JPG
磨いて少し凹ませたら・・・
DSCN8031.JPG
ハンダで貼ります。
DSCN8030.JPG
その後プラスチックハンマーでガンガン衝撃を与えて、完全にガソリンの
滲みが無くなったらガソリンを抜いて・・・
DSCN8021.JPG
エアーブローで乾燥させます。
DSCN8028.JPG
遂にタンクのオーバーホール完了!
BK560008.JPG
BK560007.JPG
BK560006.JPG
BK560004.JPG
BK560001.JPG
燃料ゲージを組み付けます。
スクリーンは綺麗だったのでガスケットだけ新品に交換します。
DSCN8067.JPG
ボルトから滲み出ることがあるので、ファイバーパッキンを入れておきます。
DSCN8068.JPG
DSCN8071.JPG
オバーホールした燃料コックを取り付けて・・・
DSCN8072.JPG
ホースも新品に交換します。
DSCN8074.JPG
念の為に燃料フィルターも入れておきます。
DSCN8075.JPG
DSCN8076.JPG
エアークリーナーエレメントも新品に交換して・・・
DSCN8079.JPG
DSCN8080.JPG
混合ガソリンを入れます。
DSCN8081.JPG
各部の作動良好、漏れも無し!
DSCN8082.JPG
DSCN8087.JPG
エンジン始動・・・
良い調子です!
DSCN8086.JPG
リヤカバーを付ける前に傷んでいるテール廻りの配線ギボシを交換します。
DSCN8022.JPG
DSCN8023.JPG
セルダイナモの配線ギボシも補修します。
DSCN8024.JPG
DSCN8025.JPG
DSCN8026.JPG
リヤカバーを取り付けて・・・
DSCN8088.JPG
各部電気廻りも良好!
DSCN8089.JPG
後はフロント廻りの配線ギボシを補修したら試運転できます。
DSCN8090.JPG
今日はここまで。
posted by resutoa-kun at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ジョグEX改の修理依頼 1

ジョグEX改の90t車です。
今回は充電不良で持ち込まれました!
DSCN8048.JPG
まずはバッテリー電圧を計ります。
DSCN8052.JPG
7.2Vです、エンジンをかけて回転を上げても変わりません。
DSCN8051.JPG
バッテリーを充電器にかけます。
DSCN8055.JPG
他の生きているバッテリーに繋ぎ変えて・・・
DSCN8053.JPG
充電量を計測します・・・
12.2Vエンジン回転を上げても変わりません。
DSCN8054.JPG
レギュレターを変えてみます。
DSCN8049.JPG
DSCN8056.JPG
ヤマハの純正品は高いので中古レギュレターでテストします。
DSCN8057.JPG
DSCN8058.JPG
充電量は変わりません。
DSCN8063.JPG
1つだけでは中古レギュレターが不良の場合もあるので他のレギュレターも
試して見たいのですが、同じ形状のものが無かったので年式違いのジョグの
パーツを使います。
DSCN8059.JPG
コネクターの形状が変わるので、ジョグ系のハーネスを切り取って
ギボシを繋ぎ変えます。
DSCN8061.JPG
DSCN8060.JPG
配線の色を合わせて繋ぎます。
DSCN8062.JPG
3つ試して見ましたが、ダメでした!
DSCN8066.JPG
ジェネレータ不良か?ハーネス不良か?ここから先は修理金額が
高額になりそうなので、オーナーに連絡して相談します。
DSCN8065.JPG
posted by resutoa-kun at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

テリオスキッドのイグニッションコイル交換!

うちの台車のテリオスキッドです。
1月にイグニッションコイルを交換したばかりなのに、またまた
エンジンが不調に足りました!
いつものイグニッションコイルがダメっぽい症状です。
DSCN8032.JPG
前回は1本8000円の日本製のコイルを入れましたが8ヶ月でダメになったので・・・
DSCN8038.JPG
今回は通販で3本セット4500円(送料込み)を取り寄せました。
DSCN8036.JPG
プラグの色を点検します。
DSCN8034.JPG
一番奥のプラグが少しかぶっている様なので・・・
DSCN8035.JPG
今回は悪いコイルを特定したいので1本ずつ交換します。
奥のコイルを変えてエンジン始動・・・
DSCN8039.JPG
症状は変わりませんでした、
次は真ん中のコイルを変えてエンジン始動・・・
DSCN8043.JPG
良い調子です、真ん中に熱がこもるので傷みやすいのかも?
今回は悪いコイルだけ交換して残りはストックしておきます、次回からは
まず真ん中のコイルから交換するようにします。
DSCN8044.JPG
出来上がり!
DSCN8045.JPG
posted by resutoa-kun at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記