2021年09月20日

ハスラー125の整備依頼 1

この車両も、全く点火しないと言って持ち込まれました。
DSCN8663.JPG
DSCN8664.JPG
まずはポイントの隙間を点検します。
DSCN8665.JPG
ポイントが動いていないのでローターを外して点検します。
DSCN8666.JPG
ポイントの取付ミスで引っかかってました。
DSCN8670.JPG
ポイントの擦り合わせをして組み付けます。
DSCN8668.JPG
隙間調整をして・・・
DSCN8671.JPG
火花は出る様になりました。
DSCN8673.JPG
ガソリンを入れたらOFFの状態で漏れてきます。
DSCN8674.JPG
ONの状態ではガソリンは流れていますが、チョークレバーが動かない!
DSCN8676.JPG
あと、各部のオイルシールからオイル漏れしています。
DSCN8683.JPG
キックしてみましたがやはり動きません・・・
点火系だけの依頼でしたが、オーナーに確認を取ってみたら、
不動車の状態で入手したらしく、乗れる様にしたいと言うことで、
燃料コック&キャブレターのオーバーホールと各部のオイル漏れ
修理の追加以来していただきました。
キャブレターとコックを分解します。
DSCN8678.JPG
どちらもオーバーホールした形跡はありません。
DSCN8681.JPG
DSCN8680.JPG
必要なガスケット類を取り寄せます。
DSCN8682.JPG
今日はここまで。
posted by resutoa-kun at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

TLM200Rの修理依頼

プラグが点火していないと言って持ち込まれました。
DSCN8650.JPG
外装を外して・・・
DSCN8651.JPG
イグニッションコイルとCDIユニットを外してハーネスと
コネクターを点検します。
DSCN8652.JPG
同形状のイグニッションコイルを探して点火テストします。
DSCN8653.JPG
火花が出ました!
DSCN8654.JPG
エンジン始動!
DSCN8655.JPG
各部を組み付けて・・・
DSCN8657.JPG
DSCN8659.JPG
走行テストします。
DSCN8661.JPG
直りました!
DSCN8662.JPG
posted by resutoa-kun at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記