2021年09月25日

古家のリフォーム 44

今日は2週間に1度のリフォームの日ですが、今回は娘の家の庭に来て
駐車場の奥に植え込みを作っています。
・・・先週の土曜日、仕事前に娘とロイヤルホームセンターへ足場用の板を
買いに行って来ました。
DSCN8558.JPG
寸法通りにカットしてもらって、キャリイに積んで帰ってきました。
DSCN8560.JPG
柵の奥は庭になっていて、この手前に植え込みを作ります。
DSCN8629.JPG
DSCN8562.JPG
この日はこの後、娘が材料に防腐塗料を塗って・・・
DSCN8626.JPG
翌日の朝出勤前に、杭を打つのを手伝いに・・・
娘は角材に板をビス止めしています。
DSCN8639.JPG
DSCN8634.JPG
両端の板を設置して・・・
DSCN8637.JPG
ここで私の出番です。
鉄筋を打ち付けて杭の下穴を開けます。
DSCN8636.JPG
鉄筋を抜いて杭を打ち付けます。
DSCN8631.JPG
DSCN8647.JPG
最初の4本を私が打ち付けて・・・
残りは娘に交代します。
DSCN8640.JPG
DSCN8643.JPG
後は娘に任せて私は出勤します。
娘も今は育休が終わって土日しか作業が出来ません・・・
DSCN8646.JPG
そして1週間が経ち、今日は家族3人で手伝いに来ています。
全体の仮組みは出来ていました!
DSCN8816.JPG
DSCN8821.JPG
DSCN8819.JPG
内側には防草シートが貼られています。
DSCN8818.JPG
杭の隙間が開いている個所にジャッキをかましてビス止めします。
DSCN8817.JPG
DSCN8822.JPG
DSCN8829.JPG
DSCN8833.JPG
ブロック塀側はコンクリートドリルで穴を開けて・・・
DSCN8824.JPG
コンクリートビスで固定します。
DSCN8828.JPG
DSCN8825.JPG
息子も娘の指示に従って作業を進めます。
DSCN8831.JPG
DSCN8834.JPG
奥さんは孫娘と昼食の用意をしています。
DSCN8832.JPG
最後は階段側の杭を打ち付けて・・・
DSCN8838.JPG
ビス止めします。
DSCN8840.JPG
囲いが完成したら庭造りで余った土を入れます。
DSCN8841.JPG
DSCN8844.JPG
残りの土はライラックなどを植えるのに適した土を買うのだそうです!
DSCN8856.JPG
DSCN8858.JPG
DSCN8855.JPG
DSCN8854.JPG
DSCN8853.JPG
作業が終わって、昼食はBBQです!
鳥のビア缶焼は2時間かけてじっくり蒸し焼きにします。
DSCN8846.JPG
DSCN8847.JPG
DSCN8849.JPG
DSCN8851.JPG
DSCN8852.JPG
DSCN8859.JPG
DSCN8867.JPG
DSCN8868.JPG
DSCN8869.JPG
DSCN8865.JPG
BBQをやっている間に娘の旦那さんも帰ってきて参戦!
DSCN8873.JPG
DSCN8875.JPG
明日も定休日(第二第四土用翌日曜日)ですが趣味のバイクいじりで
夕方までは店にいる予定です。
posted by resutoa-kun at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ロードフォックスの修理依頼 1

夕方、ロードフォックスが半バラの状態で持ち込まれました。
エンジンが掛からないそうです。
DSCN8788.JPG
DSCN8789.JPG
シリンダーヘッドは仮締めらしいので増し締めします。
DSCN8790.JPG
圧縮が低い様だと聞いていたので計ってみましたが9.5kg以上
ありました。
DSCN8791.JPG
DSCN8793.JPG
火花も出ています。
DSCN8794.JPG
プラグを交換して、セルを廻しましてが掛かりません。
DSCN8795.JPG
アクセルワイヤーが戻っていない様なので、中間のジョイント部を開けて・・・
DSCN8799.JPG
強制的に戻します。
DSCN8800.JPG
DSCN8801.JPG
エンジンかかりました。
DSCN8798.JPG
アクセルが全開に近い状態だったので、混合気が薄い状態になり
エンジンが掛からなかったようです!
DSCN8796.JPG
ワイヤーインジェクターで給油しましたがダメでした・・・
DSCN8803.JPG
DSCN8804.JPG
純正部品は廃番で、ヤフオクの中古ワイヤーも出ていません!
工場中探しても同じワイヤーが見つかりませんでいたが、ディオAF18用
のワイヤーがセンタージョイント部の位置が違うのですがトータルの
長さが近いので合わせてみます・・・
DSCN8805.JPG
キャブ側の形状が違う為、ワイヤーの露出部の長さが違うので・・・
DSCN8806.JPG
アウターチューブをカットして長さを合わせます。
DSCN8807.JPG
DSCN8808.JPG
各部を組み付けて・・・
DSCN8810.JPG
DSCN8811.JPG
試運転しましたが・・・
エンジンが温まると、かぶっている様でアイドリングがしなくなります。
DSCN8812.JPG
来週、キャブレターを点検します。
posted by resutoa-kun at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記