2022年01月31日

タクトAF09限定カラーの修理 1

去年の12月に、全く同じカラーのタクトを修理しましたが、
引き取り時にもう一台あるのでこちらも修理してほしいと言って
持ち込まれました。
DSCN1828.JPG
まずは外装を外して・・・
DSCN1830.JPG
キャブレターを分解します。
DSCN1831.JPG
エンジンコンディショナーで洗浄します。
DSCN1832.JPG
プラグとエアークリーナーエレメントを交換して・・・
DSCN1837.JPG
DSCN1851.JPG
DSCN1852.JPG
エンジン始動・・・
DSCN1856.JPG
ガソリンが勢いよく漏れてきます。
DSCN1838.JPG
もう一度キャブを外して、フロートを点検したら
内部にガソリンが入っていました!
DSCN1840.JPG
在庫の中古フロートに交換します。
DSCN1841.JPG
DSCN1842.JPG
燃料漏れは止まりました。
いいい調子です、オートチョークも正常に作動しています。
次は、ドライブベルトの点検をします。
DSCN1859.JPG
ベルトは切れそうでした、初期ディオと共通ベルトですが
在庫を切らしていたので注文します。
DSCN1833.JPG
フロントフェンダーがバラバラに割れているので、中古品を探したけど
みましたが見つかりませんでした、FRP製のレプリカ品が出ていたけど
値段が高く、更にパールホワイトにペイントして、しかも脱着するのに
フロントフォークを抜かねばならず、かなり高くつくので・・・
DSCN1860.JPG
フェンダーを外さずに溶接修理することにしました、幸い割れた破片
が残ったいるので修理しやすい!
DSCN1861.JPG
まずは溶接する個所の塗膜を剥がします。
DSCN1862.JPG
ひび割れから溶接していきます。
DSCN1863.JPG
DSCN1864.JPG
そして割れた破片を一つずつ溶接します。
DSCN1865.JPG
DSCN1866.JPG
表側の溶接終了!
DSCN1867.JPG
DSCN1868.JPG
現在タイヤを取り寄せ中ですが、タイヤ交換時にリフトアップして
裏からも溶接する予定です。
DSCN1869.JPG
今日はここまで。
posted by resutoa-kun at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記