2022年08月04日

GT750のミッションオイル漏れ修理依頼 3

エンジンを分解します。
DSCN9280.JPG
まずはシリンダーヘッドからですが、右端の2本がかじっている様で
なかなか抜けません!
DSCN9281.JPG
潤滑剤を塗って閉めては緩めを繰り返して・・・
DSCN9288.JPG
何とか抜けました、ボルトの先にアルミがへばりついています。
DSCN9287.JPG
2本目は更に手強かったけど、ボルト先のアルミの付着は少ない!
DSCN9291.JPG
シリンダーのネジ穴の方は良いボルトを入れてみたら手で回るので、
大丈夫かもしれません
最終的に組み付け時に規定トルクで締め付けて問題なければ、そのまま行きます。
DSCN9333.JPG
シリンダーを抜いて・・・
DSCN9315.JPG
フルオーバーホール済みエンジンだそうで、ピストンは新品に交換している
様ですが・・・
DSCN9324.JPG
シリンダーの方は全体的に縦キズがあり、ペーパーで磨いた後が残っています。
1番シリンダーはまだキズが少ない・・・
DSCN9316.JPG
2番シリンダーは排気ポートの上にちょっと深い傷があります・・・
DSCN9319.JPG
3番シリンダーもそれなりの傷がありますが、どれもホーニングで
取れそうな傷です。
DSCN9320.JPG
DSCN9325.JPG
ポイントを外してカバーをめくります。
DSCN9326.JPG
樹脂製で弱いウォーターポンプのギヤはやはりクラックが入っています。
DSCN9327.JPG
部品が手に入るなら(できれば純正)替えた方が良さそうです。
DSCN9328.JPG
クラッチをばらして・・・
DSCN9330.JPG
ジェネレータを外します。
DSCN9331.JPG
今日はここまで。
DSCN9332.JPG
posted by resutoa-kun at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記