2022年11月03日

YDT-1をカスタムする! 20

フレームのタンデムステップの部分が切り取られています。
そこにチャンバーステーを付けたいのでフレームを継ぎ足します。
DSCN0373.JPG
1インチのパイプを切り出して・・・
DSCN0374.JPG
フレームに合わせて叩きます。
DSCN0375.JPG
反対側はステーを止めるので完全につぶします。
DSCN0376.JPG
穴を開けて・・・
DSCN0377.JPG
DSCN0378.JPG
固定して溶接します。
DSCN0382.JPG
DSCN0383.JPG
右側も溶接して・・・
DSCN0380.JPG
ステーを取り付けます。
DSCN0387.JPG
これが本物です1
DSCN0386.JPG
試運転をします。
DSCN0388.JPG
クラッチが全く切れません。
リヤタイヤは体重がかかると擦れます。
DSCN0390.JPG
タイヤはかなり太いのが入っているので、1サイズ細いのを買ってあります。
DSCN0389.JPG
クラッチは左側にあります。
DSCN0392.JPG
ミッションオイルを抜いて・・・
少ししか出てきませんでした!
DSCN0393.JPG
分解します。
DSCN0409.JPG
DSCN0410.JPG
クラッチ板はかなり傷んでます
DSCN0413.JPG
1枚ずつスクレパーでこそぎ落として・・・
DSCN0417.JPG
ペーパーで磨きます。
DSCN0418.JPG
DSCN0420.JPG
プレスで押さえて組み付けます。
DSCN0421.JPG
ミッションオイルを入れて・・・
DSCN0424.JPG
試運転します。
DSCN0425.JPG
DSCN0427.JPG
クラッチは切れる様になりましたが、滑り気味です。
左側のマフラーからの煙が多くミッションオイルの焼けた匂いがします。
左側のクランクシールが傷んでいると思われます。
posted by resutoa-kun at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記