2022年11月07日

YDT-1をカスタムする! 23

昨日の和歌山の旧車イベントは、クラッチが滑って自走で行くのを
諦めてキャリーに積んで行きました。
DSCN0559.JPG
帰ってきてからクラッチをばらして点検したら、貼り替えしなかった
2枚のクラッチ板がボロボロになっていました。
DSCN0560.JPG
DSCN0562.JPG
スクレパーで簡単に剥がれるぐらい劣化していました。
DSCN0564.JPG
ペーパーで磨いて・・・
DSCN0565.JPG
DSCN0566.JPG
昨日届いた1mm厚のコルクシートを切り出します。
DSCN0567.JPG
DSCN0568.JPG
両側にエポキシボンド塗って貼り付けます。
DSCN0572.JPG
DSCN0569.JPG
重りを乗せて圧着します。
DSCN0570.JPG
DSCN0573.JPG
数時間後、固まったので組み付けます。
DSCN0574.JPG
DSCN0575.JPG
DSCN0576.JPG
DSCN0578.JPG
DSCN0579.JPG
エンジンをかけて少し走ってみましたが、クラッチは問題なさそうですが
走行中に左側のプラグがかぶって点火しなくなり、プラグを替えると
復活します。
DSCN0581.JPG
ポイントの擦り合わせをして隙間を調整しましたが症状は変わらず。
少し走るとやはり左だけかぶります、そんなことをしているうちに
新品プラグに替えても点火しなくなりました!
DSCN0582.JPG
今日はここまで。
posted by resutoa-kun at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記