2018年07月05日

DT200の修理依頼 2

ピストンに穴が開いていたDT200ですが、純正ピストン
社外品ともに部品が見つからず、結局中古エンジンに
乗せ換えることになりました。
IMG_2393.JPG
エンジンが届いたので作業を再開します。
IMG_2394.JPG
IMG_2395.JPG
まずは排気ポートから覗いてピストンの傷を点検します。
IMG_2401.JPG
シリンダーもいい状態です。
IMG_2396.JPG
プラグ穴から覗いて・・・
ピストンヘッドも異常なし。
IMG_2403.JPG
リードバルブを外して・・・
吸気側も点検。
IMG_2409.JPG
ジェネレータは付いていませんでした。
クランクシールの表面が傷んでいますが後からでも交換出来るので
取り敢えず積み替えます。
IMG_2404.JPG
各部ワイヤー類を外して・・・
IMG_2408.JPG
降ろします。
IMG_2410.JPG
ついでなのでキャブの中を点検・・・
かなり汚れています。
IMG_2412.JPG
エンジンコンデショナーで洗浄します。
IMG_2413.JPG
IMG_2415.JPG
フロートの液面が低すぎるので・・・
IMG_2416.JPG
修正します。
IMG_2417.JPG
フロートチャンバーの当たり面の歪みを・・・
IMG_2418.JPG
面研します。
IMG_2419.JPG
エンジンを積んで・・・
IMG_2428.JPG
ミッションオイルを交換します。
IMG_2421.JPG
プラグを交換して・・・
IMG_2422.JPG
エンジン始動・・・
IMG_2424.JPG
良い音です。
IMG_2423.JPG
キャブの中が汚れていたので、タンク内を点検します。
IMG_2431.JPG
底の方が錆なのか汚れなのか、黒ずんでいます。
IMG_2430.JPG
今日はここまで。
IMG_2429.JPG




posted by resutoa-kun at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183744600

この記事へのトラックバック