2018年11月05日

IMC OB型の再生 4

何かのキャップをベースにして、IMCのエンブレム風に
カッティングシートを張ってクリヤーを塗りましたが・・・
DSCF8889.JPG
裏側が窪んでいるので、エポキシボンドを充填します。
DSCF8890.JPG
90分硬化タイプのエポキシボンドを流し込んで、完全に
水平になる場所を探して,そのまま固まるのを待ちます
DSCF8907.JPG
DSCF8906.JPG
DSCF8896.JPG
タンクはTYの物を加工して使う予定ですが、その前に錆取り
をします。
まずはエアーガンで錆びを飛ばして・・・
DSCF8901.JPG
ピカタンを入れて・・・
DSCF8904.JPG
密封し、しばらく浸けておきます。
DSCF8905.JPG
リヤフェンダーを取り付けます。
DSCF8910.JPG
ヤフオクで落札した車種不明のフロントフェンダーを
加工します。
DSCF8909.JPG
ステーを切り落として・・・
DSCF8912.JPG
耳を曲げます。
DSCF8915.JPG
フレーム側に穴を開けて・・・
DSCF8917.JPG
フラットバーでステーを作って・・・
DSCF8918.JPG
装着。
DSCF8919.JPG
1950年代前半のリジットフレーム用のキャリヤを加工します。
DSCF8920.JPG
ステーを切り落として・・・
DSCF8922.JPG
逆に溶接します。
DSCF8923.JPG
フェンダーステーと共締めして・・・
DSCF8925.JPG
前側のステーを作って・・・
DSCF8924.JPG
フレームに溶接します。
DSCF8926.JPG
イイ感じになってきました。
DSCF8927.JPG
今日はここまで。
DSCF8928.JPG

posted by resutoa-kun at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184877423

この記事へのトラックバック