2018年12月26日

C92のタンクオーバーホール依頼 1

現在のオーナーがC92を入手した時には、タンク内は酷い状態で
錆で樹脂コーティングが浮き上がっていたらしい。
DSCF0196.JPG
自分で出来るだけ樹脂コーティングを剥がして錆取りをした
らしいのですが、2〜3割ぐらいコーティングが残っていて
しかもこの状態ですでに、1か所穴が開いているらしい!
DSCF0197.JPG
当店では樹脂コーティングが施されたタンクで錆が再発した
タンクは、完全にコーティングが剥がすことが難しいので
再生はあきらめることが多いのですが、今回はかなり剥がれて
いる状態なので、100%は剥がれませんが、出来るだけ綺麗に
という条件で依頼を受けました。
まずは穴を塞いで・・・
DSCF0198.JPG
エンジンコンディショナーを注入します。
DSCF0199.JPG
エンジンコンディショナーを2本注入するしたら、密封して
時々タンクを良く振って2〜3週間浸けて置きます。
DSCF0200.JPG
今日はここまで。


posted by resutoa-kun at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185269760

この記事へのトラックバック