2019年01月22日

タンク祭り!

GT750のタンク内は錆とコールタール状ガソリンでガチガチに
固まっていたので、去年からエンジンコンディショナーを入れて
溶かしていました。
DSCF0701.JPG
ドロドロになったエンジンコンディショナーを抜いて・・・
DSCF0702.JPG
シンナーで濯いで・・・
DSCF0703.JPG
エアーブローで乾燥させ錆の粉が出なくなるまで飛ばします。
DSCF0707.JPG
プロツールスのサビ取り剤を入れて・・・
DSCF0803.JPG
密封して、24時間浸けます。
DSCF0814.JPG
次はタンク単体で預かっているC92のタンクです。
樹脂コーティングが所々残っていて、こちらも去年から
エンジンコンディショナー漬けになっています。
中身を抜いたら、デロデロとコーティングが出てきました。
DSCF0794.JPG
シンナーで濯いで・・・
DSCF0792.JPG
エアーブローで乾かします。
DSCF0795.JPG
数ヶ所穴が開いているので、ペーパーサンダーで塗膜を剥がします。
左の前はかなり鉄板が腐っています・・・
DSCF0797.JPG
裏は小さな穴が数ヶ所開いています。
DSCF0798.JPG
はんだ付けで穴を塞ぎます。
DSCF0800.JPG
左前はハンマーで少し凹ましてはんだを盛るように付けます。
DSCF0799.JPG
ガソリンを入れ密封して漏れテストをします。
DSCF0801.JPG
このままガソリンの入った状態でペーパーサンダーで、
形を整えます。
DSCF0818.JPG
まだ内部に樹脂コーティングが少し残っているので、もう一度
エンジンコンディショナーを入れて浸けて置きます。
DSCF0815.JPG
次はGB250のタンク・・・
DSCF0712.JPG
DSCF0713.JPG
錆の程度は軽いので、サビ取り剤を入れて24時間浸けるだけで
行けそうです。
DSCF0817.JPG
ついでにもう一台、10年以上前に仕入れて、かなりタンク内が
腐っているのはわかっていたけど、ずっとほったらかしなっていた
MVX250のタンク・・・
DSCF0727.JPG
腐ったガソリンを抜いて・・・
DSCF0728.JPG
まだまだ錆とコールタール状ガソリンが詰まっているので、
チェーンを入れて・・・
DSCF0731.JPG
シンナーも入れてガシャガシャ振ります。
DSCF0730.JPG
大量に出てきました。
DSCF0729.JPG
エンジンコンディショナーを入れて・・・
DSCF0793.JPG
密封し、しばらく浸けて置きます。
DSCF0816.JPG
今日はここまで。
DSCF0807.JPG
posted by resutoa-kun at 18:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
いつも驚いて見ています。妥協のない仕上げに感服しています。
Posted by 竹田真一 at 2019年01月22日 20:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185423933

この記事へのトラックバック