2019年06月28日

MVX250のタンクオーバーホール 3

底の方に樹脂コーティングが残っていたので再度、錆取り剤を
入れて数日後・・・
DSCF5347.JPG
錆取り剤を抜いて水で良く洗浄します。
DSCF5348.JPG

シンナーで濯いでエアーブローで乾燥させ、残ったコーティングを
飛ばします。
DSCF5350.JPG
かなり剥がれました。
DSCF5351.JPG

まだ底の方にコーティングが残っているのでエンジンコンディショナーを
入れて1日置きました・・・
DSCF5388.JPG
翌日、エンジンコンディショナーを抜いたら、更に大きな
塊がボロボロ出てきました。
DSCF5387.JPG
ほぼコーティングは取れましたが底の細い個所に少しだけ
残っているので・・・
DSCF5390.JPG
シンナーを入れて2日ほど浸けます。
DSCF5389.JPG

このタンクは底の方にコーティングが入っていただけで、
これだけ手こずっていますが・・・
全面にコーティングが施された後に錆が再発した場合は
再生を諦めることが多いです!


posted by resutoa-kun at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186204013

この記事へのトラックバック