2019年07月15日

スズキB100の整備依頼 4

3日間浸けていた錆取り剤を抜いて・・・
DSCF5846.JPG
穴の開いている個所を埋めます。
DSCF5848.JPG

ペーパーサンダーで磨いてハンマーで少し凹ませます。
この周辺は鉄板の厚みが無くなっているので・・・
DSCF5850.JPG

広範囲にはんだ付けをします。
DSCF5851.JPG

下部も無数に穴が開いているので・・・
DSCF5852.JPG

ほぼ全面はんだ付けします。
DSCF5853.JPG

右の内側にも一か所穴が開いていました。
DSCF5854.JPG

内部の錆は上の方は綺麗に取れていますが・・・
BK560061.JPG

底の方にコールタール状の腐ったガソリンが残っていました。
これが残っていると錆取り剤が効かないので・・・
BK560060.JPG

腐ったガソリンの洗浄処理をします。
DSCF5855.JPG

かなりカチカチに固まっている様なので更に2日ほど浸けます。
DSCF5856.JPG

2日間止めていてオイルのシミが出来ていました・・・

DSCF5858.JPG

ガソリンの滲みの方はもう大丈夫ですが・・・
DSCF5857.JPG

オイル漏れの出所を発見!
エンジン後部のクランクケースの合わせ目です・・・
これを修理するには、エンジンを下ろしてクランクケースを
割って全バラにしないと直りません!!!
DSCF5845.JPG

どうするかオーナーと相談します。
posted by resutoa-kun at 18:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
クランクケースのオイル漏れは深刻ですね、でも小松さんなら大丈夫ですね!
スナップオンのマイクロファイバーはさすがですね。さすがプロフェッショナルですね。
Posted by 竹田真一 at 2019年07月15日 19:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186277586

この記事へのトラックバック