2019年11月30日

ラビットS301Bの修理依頼 1

エンジンの不調で時々エンストして、なかなかエンジンが
掛からなくことがあるらしい・・・
DSCF9479.JPG

取り敢えずプラグを交換します。
DSCF9481.JPG

エンジンを始動してしばらく吹かしていたら、ヒューズが
切れました・・・
DSCF9484.JPG

3回連続でヒューズが切れた後、なぜかピタッと切れなく
なりました、よくわからないけど?取り敢えず次に進みます・・・
DSCF9486.JPG
ヒューエルホースを抜いてガソリンの出方を点検・・・
少しガソリンの出が悪く不安定な感じです。
DSCF9485.JPG

カバーを外して・・・
DSCF9488.JPG
ヒューエルコックを点検・・・
DSCF9490.JPG

内部に錆や汚れは有りませんが、コルク製のパッキンが
つぶれて穴が変形しています。
DSCF9489.JPG
コルクパッキンを交換します。
(自分で穴を開けるタイプです)
DSCF9492.JPG

ボール盤で穴を開けます。

DSCF9493.JPG

少し大きめに穴を開けてやすりで仕上げます。
DSCF9494.JPG

コックを取り付ける前にタンク内を点検します。
錆びはほとんどありません・・・
DSCF9496.JPG

ヒューエルゲージはちゃんと作動していますが、10年ぐらい前に
PET 板で製作したしクリーンが変形して曇っています。
DSCF9495.JPG
キースターからスクリーンとパッキンのセットが出ているので
取り寄せます。
DSCF9499.JPG
エアーブローでタンク内のゴミとほこりを飛ばします。
DSCF9498.JPG

今日はここまで。

posted by resutoa-kun at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186867255

この記事へのトラックバック