2020年03月25日

CB125の修理依頼 2

前回エンジン始動しましたが、かなり燃料が濃い様でした。
DSCF2752.JPG
キャブレターの油面を少し下げてみます。
DSCF2753.JPG
DSCF2754.JPG
点火時期を少し速めに調整して・・・
DSCF2758.JPG
ジェットニードルを一段下げます。
DSCF2759.JPG
DSCF2760.JPG
スロットルワイヤーの受けはロックナットが付いていなかった
ので、合うナットを探して入れます。
DSCF2761.JPG
左右のワイヤーの同調を取ります。
DSCF2762.JPG
メインジェットは社外品の95番が入っていましたが、番手は
合っているので、ケイヒンの純正95番に交換します。
DSCF2763.JPG
軽く吹き上がる様になったので・・・
エアークリーナーを取り付けます。
DSCF2764.JPG
フィルター̪紙は酷い状態なので、張り替えます。
DSCF2767.JPG

標準のスポンジフィルターは紙フィルターよりも吸い込みが悪いので
デイトナのターボフィルターを使います。
DSCF2768.JPG
ボンドで貼り付けます。
DSCF2770.JPG
DSCF2771.JPG
DSCF2774.JPG

フューエルコックが詰まっているので・・・
DSCF2776.JPG
エンジンコンディショナーで洗浄します。
DSCF2778.JPG
ガスケット類は新品に交換します。
DSCF2780.JPG
エアーブローでタンク内のほこりを飛ばします。
DSCF2781.JPG

ヒューエルホースを交換して・・・
DSCF2775.JPG

試運転・・・
最初は調子がいいのですが、10分以上走ると突然左側が
かぶってしまいます。
しばらくしてエンジンをかけると調子が戻ります・・・
再び試運転をするとやはり10分ぐらいで左側がかぶります!
ポイントコンデンサーが悪いかも?
DSCF2783.JPG

今日はここまで。
posted by resutoa-kun at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187310438

この記事へのトラックバック