2020年04月01日

ラビットS82シャープカラーの整備 23 リアウインカー製作B

型用シリコンを流し込んで24時間後・・・
DSCF2914.JPG
型を慎重に割ってみましたが・・・
DSCF2929.JPG
ウインカーランプの方は何とか綺麗に割れましたが・・・
DSCF2930.JPG
レンズの方はシリコン同士が同化してしまってガタガタに
なってしまいました!
スプレータイプの離型剤をサッと塗っただけなのが、ダメだったか?
DSCF2931.JPG
それでも、中身の方は綺麗に抜けているので何とかなりそうです。
DSCF2957.JPG
DSCF2959.JPG
出入口を掘って・・・
DSCF2962.JPG
プレス版を作ります。
DSCF2965.JPG
刷毛で確実に離型剤を塗って・・・
DSCF2966.JPG
レジンを調合します。
DSCF2967.JPG
型に流し込んで・・・
DSCF2968.JPG
余ったレジンは前回のBSチャンピオンホーマーの型に
流し込みます。
DSCF2970.JPG
ブログを見てくださった方から、ご飯の真空おひつで脱泡
できますよ!って情報を提供してもらったので・・・
探してみたら、パン用真空ケースが丁度いいサイズで中身も見えて
使いやすそうだったので購入しました。
(情報提供ありがとうございました。)
DSCF2971.JPG

DSCF2973.JPG
30分ぐらい脱泡して硬化が始まる前に出しました。
DSCF2972.JPG
次はベースのシリコンゴムを調合します。
DSCF2974.JPG
白と黒の顔料を入れて調色し硬化剤を入れて混ぜましたが・・・
このシリコン流動性ゼロ!全く流れません!!!
(選ぶシリコンを間違えた様です。)
DSCF2975.JPG
仕方が無いので、適量のペースト状のシリコンをヘラで空気が
入らない様に少し多い目に詰め込んで・・・
DSCF2976.JPG
プレス版で圧縮します・・・
(何とか行けそうな感触です!)
DSCF2977.JPG
このまま4~5日放置します。
DSCF2978.JPG
posted by resutoa-kun at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187335557

この記事へのトラックバック