2022年01月07日

マリックの整備 2 エンジン始動

作業を再開します。
DSCN1013.JPG
錆び取りをしていたタンクは綺麗になりました!
DSCN1034.JPG
BK560001.JPG
BK560002.JPG
BK560003.JPG
BK560004.JPG
キャブレターとヒューエルコックを分解して・・・
DSCN1016.JPG
ヒューエルコックのダイヤフラムが固いのでアーマーオール
に浸けてみます。
DSCN1017.JPG
DSCN1018.JPG
エンジンコンディショナーで洗浄します。
DSCN1019.JPG
ヒューエルゲージのコルク製のフロートは劣化してバラバラに
なっていたので、コルク素材で作ります。
DSCN1020.JPG
半分にカットして・・・
DSCN1021.JPG
穴を開けて、組み付けます。
DSCN1022.JPG
DSCN1024.JPG
各部ガスケット類は新品に交換します。
DSCN1026.JPG
DSCN1027.JPG
複雑な負圧のパイピングは間違えない様に一度組み付けてから
一本ずつ交換します。
DSCN1028.JPG
DSCN1029.JPG
DSCN1030.JPG
エアークリーナーエレメントを交換して・・・
DSCN1032.JPG
DSCN1033.JPG
DSCN1035.JPG
プラグを交換して・・・
DSCN1039.JPG
オーナーが持ってきたゾイルの2ストオイルを入れます。
DSCN1036.JPG
ガソリンを入れて・・・
DSCN1038.JPG
エンジン始動・・・
DSCN1040.JPG
良い調子ですが・・・
DSCN1043.JPG
やはり、ヒューエルコックの動きが悪くなかなか始動しませんでした。
交換した方が良さそうです。
今日はここまで。
posted by resutoa-kun at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189255954

この記事へのトラックバック