2022年05月12日

ブリヂストン350GTOの整備依頼 1

大変長らくお待たせしています。
去年の秋から預かっています・・・
ブリヂストンが製造していた、2サイクル2気筒ロータリーバルブ350cc
で輸出専用モデルです。(1970年)
DSCN5776.JPG
通関証明証付きで輸入されたままの状態です。
キックは下りて圧縮はありそうですが・・・
DSCN5777.JPG
チェンジが全く変わりません、シフトペダルが動かない!
DSCN5778.JPG
まずはスプロケットのカバーを外して点検します。
DSCN5781.JPG
特に問題なし・・・
DSCN5779.JPG
右のキャブレターカバーを外すと、いきなり乾式クラッチが現れた!
DSCN5782.JPG
DSCN5783.JPG
クラッチは何回もバラシた痕があります。
DSCN5784.JPG
7枚の乾式クラッチを分解・・・
DSCN5788.JPG
フリクションディスクは完全に減っています。
DSCN5787.JPG
ミッションオイルを抜きます・・・
DSCN5792.JPG
1滴も出てきません出した!
DSCN5793.JPG
キャブレターとオイルポンプを外して・・・
DSCN5794.JPG
DSCN5795.JPG
クランクケース右カバーを外します。
DSCN5796.JPG
カラッカラに乾いています!
DSCN5797.JPG
シフトドラムは全く動きません!!!
DSCN5798.JPG
エンジンを下ろしてクランクケースを割り、ミッションを点検して
見ないと分かりませんが、簡単なミッション固着なら直るかも?
ミッション完全焼き付きならやばいかもしれません。
DSCN5799.JPG
この後の整備方針をオーナーに相談してみます。
posted by resutoa-kun at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189529939

この記事へのトラックバック