2022年08月02日

2サイクルキャリイST30の車検整備 4

昨日、仮止めしたパイプを溶接します。
DSCN9153.JPG
DSCN9155.JPG
それでは鋼材屋さんで買ってきたパンチングメタルを巻きます。
前回(12年前)は右側の3mm穴のパンチングメタルを使いましたが、
消音効果が低くちょっとうるさかったので、今回は2mm穴のを使います。
DSCN9158.JPG
19mmパイプにボール紙を巻いて、型紙を作ります。
DSCN9159.JPG
パンチングメタルを切り出して・・・
DSCN9160.JPG
DSCN9161.JPG
3本ローラーで巻きます。
DSCN9162.JPG
DSCN9163.JPG
ある程度、型が付いたら・・・
DSCN9164.JPG
19mmパイプに巻いて修正します。
DSCN9166.JPG
これで22.2mmのパンチングパイプになります。
DSCN9167.JPG
断面を溶接します。
DSCN9169.JPG
1インチ(25.4mm)パイプにピッタリ合います。
DSCN9172.JPG
これで目の細かいパイプになり消音効果は高くなるはずです。
DSCN9171.JPG
バッフルに溶接します。
DSCN9179.JPG
DSCN9180.JPG
DSCN9183.JPG
サイレンサー本体をパイプ径広げ器で広げる予定でしたが・・・
DSCN9184.JPG
直径が大きくて出来ませんでした!
DSCN9185.JPG
仕方が無いので、外側に一枚巻きます。
DSCN9186.JPG
鉄板を切り出して・・・
DSCN9187.JPG
巻きます。
DSCN9188.JPG
DSCN9190.JPG
番線で固定して・・・
DSCN9192.JPG
溶接します。
DSCN9193.JPG
DSCN9195.JPG
朝から2りん館で買ってきたグラスウールを巻きます。
DSCN9197.JPG
DSCN9198.JPG
差し込んで、リベット止めします。
DSCN9199.JPG
DSCN9200.JPG
DSCN9201.JPG
DSCN9202.JPG
耐熱ブラックを吹き付けて・・・
DSCN9203.JPG
ズボッと差し込んでエンジン始動・・・
DSCN9204.JPG
まあまあ、静かになりました。
DSCN9205.JPG
昼間、車の下にもぐったら・・・
プロペラシャフトのユニバーサルジョイントにガタがあるのを発見!
DSCN9208.JPG
部品屋さんに問い合わせたらプロペラシャフトもユニバーサルジョイント
もメーカー廃番で、社外品も見つかりませんでした・・・
大変です、このままでは車検が通りません。
取り敢えず明日ユニバーサルジョイントをばらしてみます。
posted by resutoa-kun at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189712938

この記事へのトラックバック