2022年08月05日

GT750のミッションオイル漏れ修理依頼 4

ウォーターポンプギヤを外します。
DSCN9334.JPG
DSCN9336.JPG
昨日、オイルポンプギヤと書きましたが、訂正しますウォーターポンプギヤです。
DSCN9337.JPG
裏側を見てもかなりやばい状態です、オーナーが純正新品を見つけたらしい
ので送ってもらいます!
DSCN9338.JPG
続けてどんどん外していきます・・・
DSCN9339.JPG
このウォーターホースはかなり傷んでいます。
DSCN9340.JPG
DSCN9341.JPG
DSCN9342.JPG
上側のクランクケースボルトを緩めていきます。
DSCN9343.JPG
ひっくり返してウォーターポンプカバーを外します。
DSCN9345.JPG
古いガスケットがガタガタに残ったまま、液体ガスケットで
べったり貼ってありました!
DSCN9346.JPG
クランクケースを緩めていくうちに、前のウォーターパイプを
外さないと抜きにくいボルトがあるので、外します。
DSCN9347.JPG
4本ボルトの2本は何とか外れましたが、残りの2本は頭が舐めていて
外れません!
DSCN9348.JPG
1本はタガネで叩いて何とか外れましたが・・・
DSCN9350.JPG
DSCN9351.JPG
最後の1本は場所が悪く、ネジの頭も更に酷い状態です。
DSCN9354.JPG
プライヤーで掴んで少しずつ回して、この一本外すのに1時間かかりました!
DSCN9352.JPG
DSCN9356.JPG
クランクケースボルトを全て外して、ケースを分割します。
DSCN9357.JPG
DSCN9358.JPG
3番のクランクが異常に黒い!
よく見ると、駆動ギヤと3番クランクの間のオイルシールが斜めに
なっているように見える・・・
DSCN9359.JPG
DSCN9360.JPG
本来溝に入るべき鉄板が、前の方だけずれた状態で無理矢理組まれています。
あきらかにオーバーホール時の組み付けミスです!
DSCN9363.JPG
DSCN9362.JPG
クランクを抜いて、各シールを点検します。
DSCN9366.JPG
全体的にオイルシールはへたっていますがベアリングは大丈夫そうです。
オイルシールはリプロ品が見つかったので、取り寄せます!
斜めに入っていた鉄板は曲がっていますが、ボウリング屋さんにシール
交換してもらうときに伸ばしてもらうしかありません。
DSCN9365.JPG
今日はここまで。
DSCN9368.JPG
posted by resutoa-kun at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189719770

この記事へのトラックバック