2022年09月01日

シルバーピジョン ピーターC230の整備 32 ウインカーレンズJ

右リヤウインカーレンズの雌型製作の続きで、昨日の作業です。
DSCN9893.JPG
型枠を外して、油粘土を剥がします。
DSCN9894.JPG
逆さにして型枠を組んで・・・
DSCN9895.JPG
シリコンを流し込みます。
DSCN9896.JPG
DSCN9897.JPG
6時間後、型枠を外して・・・
DSCN9898.JPG
DSCN9899.JPG
DSCN9900.JPG
湯口を流れやすいように加工して・・・
DSCN9901.JPG
エポキシレジンを流し込んで一晩寝かします。
DSCN9903.JPG
DSCN9904.JPG
DSCN9902.JPG
今日の朝、型を割って・・・
DSCN9924.JPG
取り敢えず完成しましたが、レンズの厚みが分厚く透明度に欠ける・・・
特に後部の面が分厚い!
DSCN9938.JPG
使えないレベルでは無く、取り敢えずはこれで1個は確保できたので・・・
DSCN9937.JPG
強度が無くもろい紙粘土の雄型を、バラバラになる覚悟で薄く加工して、
内側の型だけ作り直します。
DSCN9925.JPG
DSCN9926.JPG
DSCN9927.JPG
何とか溝が掘れました!
DSCN9933.JPG
表側の雌型にはめ込んで、型枠を組みます。
DSCN9934.JPG
DSCN9935.JPG
シリコンを流し込んで、夕方まで待ちます。
DSCN9936.JPG
5時間後・・・
型を割ります。
DSCN9939.JPG
DSCN9940.JPG
離型剤の塗りが甘かったみたいで強く密着していて、紙粘土の雄型が
バラバラになりました。
DSCN9941.JPG
雌型の方は助かったので、レジンを流し込みます。
DSCN9943.JPG
posted by resutoa-kun at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189786909

この記事へのトラックバック