2022年11月21日

ラビット125スーパーフローの修理依頼 1

今年に販売したラビットスーパーフローです。
DSCN0942.JPG
数ヶ所に不具合があるらしいので取り敢えず走行テストします。
DSCN0947.JPG
50kmを越えるとメーターが振り切ってしまいます。
そして10分ぐらい走ると吹き上がりが息継ぎするようになります。
DSCN0967.JPG
メーターを外して逆さまにし潤滑油を差してなじませます。
DSCN0968.JPG
DSCN0972.JPG
プラグの色はかぶっている感じではない様です。
DSCN1017.JPG
少し薄いのかもしれないので、まずはキャブレターの液面を点検します。
DSCN1038.JPG
少し低い様なので調整します。
DSCN1040.JPG
DSCN1041.JPG
キックペダルのワンウェイクラッチが空回りしているので分解します。
DSCN1018.JPG
DSCN1019.JPG
DSCN1021.JPG
内側の面が荒いので磨いてみます。
DSCN1022.JPG
DSCN1028.JPG
5か所の溝を全て磨きました。
DSCN1027.JPG
綺麗に洗浄して組み付けます。
DSCN1030.JPG
DSCN1032.JPG
DSCN1033.JPG
噛み合うようになりました。
DSCN1035.JPG
数時間潤滑油をなじませたメーターにワイヤーグリスを塗って・・・
DSCN1037.JPG
メーター球が切れているので交換します。
DSCN1044.JPG
試運転しましたが今の所順調です。
DSCN1045.JPG
今日はラビットに乗って帰ります。
posted by resutoa-kun at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

CS90のタンク修理依頼 5

昨日全ての穴を塞ぎきれなかったので、続きをします。
DSCN1008.JPG
まだ小さな穴が数ヶ所開いています。
DSCN1009.JPG
全ての穴を塞いで・・・
DSCN1011.JPG
DSCN1010.JPG
DSCN1014.JPG
DSCN1015.JPG
ガソリンを入れて密封し漏れテストします・・・
DSCN1016.JPG
しばらく経って見てみたら、塞いだ個所は全て止まっていましたが、
内側の二重になっている隙間から滲んできました!
DSCN1012.JPG
これは一番厄介な部分からの滲みです!
スポット溶接を剝がして、丸い鉄板をめくって修理するか、
内部を樹脂コーティングするか、今晩にでもオーナーに相談しようかと
思っている所に、オーナーから電話があり相談の結果ここで一旦清算して
作業を保留してタンクを預かることになりました。
オーナーが良い中古タンクを探してみて、どうしても見つからないときには
作業を再開するすることになるかもしれません。
posted by resutoa-kun at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年11月20日

CS90のタンク修理依頼 4

DSCN0956.JPG
昨日入れた錆取り剤を抜いて・・・
DSCN0974.JPG
水で濯いでエアーブローで乾かします。
DSCN0975.JPG
DSCN0976.JPG
内部を見てみたら、あちこちに樹脂が飛び出しているように見えます。
BK560006.JPG
BK560007.JPG
BK560009.JPG
どうやらエポキシパテで穴を塞いでるようです。
DSCN0977.JPG
ペーパーサンダーで剥がしてみたら鉄板を貼り付けてありました。
DSCN0978.JPG
DSCN0979.JPG
大きな穴が開いていました!
DSCN0983.JPG
後の方にも数ヶ所開いていました。
DSCN0997.JPG
内側も磨いて・・・
DSCN0985.JPG
DSCN0991.JPG
DSCN0999.JPG
穴だらけです・・・
DSCN0993.JPG
DSCN0995.JPG
DSCN0996.JPG
各部をハンダで埋めていきます。
DSCN1001.JPG
DSCN1002.JPG
DSCN1003.JPG
DSCN1004.JPG
DSCN1005.JPG
ガソリンを入れてみたら、まだまだいろんなところから滲んできます。
DSCN1007.JPG
これはキリがないかも・・・
明日もう少しやって全ての漏れが止まらなかったら、樹脂コーティング
した方が良いかも?
posted by resutoa-kun at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記