2020年05月22日

エリミネーター250の商品化作業

去年、引き取って来たエリミネーターはずっとここで眠っています。
DSCN0834.JPG
商品化する予定は無かったのですが、知り合いの奥さんが
250tクラスのアメリカンを探しているらしく、アメリカン
っぽいのが1台ありますよって言ったら、一度見せてほしい
という話になり、取り敢えず磨いて商品化する事にしました。
DSCN0835.JPG
まずは水でジャブジャブ洗います・・・
DSCN0836.JPG
ワイヤーブラシなどで各部の錆を落とします。
DSCN0837.JPG
DSCN0838.JPG

一通り錆を落としたら・・・
DSCN0854.JPG

全体につや出しスプレーをかけて、乾拭きします。
DSCN0840.JPG

綺麗になりました。
DSCN0845.JPG
DSCN0849.JPG
DSCN0853.JPG

DSCN0851.JPG
DSCN0850.JPG

取り敢えずワイヤーで固定しているタコメーターは後日
中古品を探して交換します。
DSCN0858.JPG

バッテリーを繋いでエンジン始動・・・

DSCN0857.JPG

まだ、かろうじてエンジンは掛かりました。
DSCN0856.JPG
posted by resutoa-kun at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月21日

スズキB120の整備依頼 5

再再度、腐ったガソリン洗浄剤を入れ直して一晩経ちました!
DSCN0767.JPG
抜いた液は、まだ透明度があります。
DSCN0768.JPG
まだ使えそうなので、容器に戻します。
DSCN0770.JPG
水で洗浄して、内部を乾かします。
DSCN0773.JPG
DSCN0775.JPG

腐ったガソリンは綺麗に落ちました!
BK560002.JPG
BK560003.JPG

錆取り剤を入れて、夕方まで浸けます・・・
DSCN0776.JPG
電気廻りの続きをします。
DSCN0778.JPG
HI/LOの明るさが全く違うので・・・
DSCN0779.JPG
球を交換します。
DSCN0780.JPG
テール球も切れているので交換します。
DSCN0781.JPG
DSCN0782.JPG
ホーンは調整で鳴る様になりました。
DSCN0785.JPG
右フロントウインカーは良い方と交換します。
DSCN0786.JPG
DSCN0788.JPG
ヘッドリムは綺麗な方を使います。
DSCN0790.JPG
左リアウインカーはレンズ交換だけでいけました。
DSCN0791.JPG
DSCN0792.JPG
燃料コックこちらを使います。
DSCN0793.JPG
中はゴミだらけでした・・・
DSCN0795.JPG
エンジンコンディショナーで洗浄します。
DSCN0796.JPG
バルブの当たり面の歪みは面研します・・・
DSCN0797.JPG
DSCN0798.JPG
ガスケット類は新品に交換します。
DSCN0799.JPG
遂にタンクの錆取り完了!
DSCN0800.JPG
完璧です!
BK560004.JPG
BK560005.JPG
BK560006.JPG
BK560009.JPG
コックを取り付けて、ガソリンを入れます。
DSCN0801.JPG

漏れ&作動テスト・・・
DSCN0802.JPG

ヒューエルホースを交換して、装着・・・
DSCN0804.JPG
オイルタンクのオイルを入れ替えたら・・・
DSCN0807.JPG
点検窓からオイル漏れしてきました!
DSCN0810.JPG
もう一度オイルを抜いて、点検窓を洗浄しOリングを交換します。
DSCN0811.JPG
まだ漏れます・・・
DSCN0812.JPG
再び外して、センターの当たりを研磨します。
DSCN0813.JPG
止まりました!
DSCN0815.JPG
ミッションオイルを交換します。
DSCN0817.JPG
DSCN0818.JPG
リヤタイヤに空気を入れたら・・・
バースト寸前です!!
DSCN0825.JPG
フロントも危ない!
DSCN0826.JPG
フロントフォークは左右とも漏れています。
DSCN0828.JPG
取り敢えず、そーっと試運転してみます・・・
DSCN0829.JPG
クラッチが固着して、全く切れません・・・
DSCN0831.JPG
ここで一旦作業を止めて、今後の整備内容をオーナーと相談します。
今日はここまで。
posted by resutoa-kun at 22:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月20日

スズキB120の整備依頼 4

朝まで浸けた、2回目の腐ったガソリン洗浄剤を抜きます。
DSCN0709.JPG
水洗いして・・・
今度は泡が出ているので、効いていると思われます。
DSCN0712.JPG

錆取革命のステップ1、錆取り剤を入れて・・・
DSCN0713.JPG
DSCN0715.JPG
夕方、中を点検・・・
まだ所々錆が残っているので翌朝まで浸けます。
BK560005.JPG

BK560002.JPG

そして翌朝・・・
錆取り剤を抜いて!
DSCN0716.JPG
水で濯いで・・・・
DSCN0717.JPG
ステップ2の防錆剤を入れます。
DSCN0719.JPG
DSCN0720.JPG
ネズミの巣になっていたフレーム内の掃除をします。
DSCN0731.JPG
キャブレターを塞いで・・・
DSCN0733.JPG
エアーガンで細かいゴミを飛ばします。
DSCN0734.JPG
フレームのほこりはエアーガンで飛ばしながらナイロンブラシ
で擦ります。
DSCN0735.JPG
つや出し剤を塗って・・・
DSCN0736.JPG
ウエスで拭き取ります!
DSCN0737.JPG
フレーム内も綺麗になりました。
DSCN0739.JPG
ネズミにかじられた配線を修理します・・・
DSCN0740.JPG
長さに余裕があるので、傷んだ部分を切り取って繋ぎ合わせます。
DSCN0743.JPG
DSCN0746.JPG
次はブレーキスイッチの配線を修理します。
DSCN0748.JPG
まずスイッチが生きているかどうかチェックして・・・
DSCN0749.JPG
少し長いめに繋ぎます。
DSCN0750.JPG
相手側は傷んだ部分をカットして・・・
DSCN0753.JPG
直接ギボシを付けます。
DSCN0754.JPG
DSCN0756.JPG

エアークリーナーBOXを取り付けて・・・
DSCN0757.JPG
バッテリーは定評のあるいつもの密閉バッテリーに交換します。
DSCN0758.JPG
メインスイッチを入れて・・・
DSCN0762.JPG
ブレーキランプは点灯・・・
DSCN0763.JPG
ウインカーも正常に点滅します。
DSCN0761.JPG
ホーンは鳴りません・・・

夕方、防錆剤をを抜いて水洗いします。
DSCN0764.JPG

内部を点検したら、右側前方の底に腐ったガソリンの塊が
残っていました
BK560013.JPG
BK560012.JPG
腐ったガソリンは錆取り剤では落ちないので、
もう一度腐ったガソリン洗浄剤を入れて朝まで置きます。
DSCN0765.JPG
今回はかなり手こずっていますが、あともう少しです!
DSCN0766.JPG
posted by resutoa-kun at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記